問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「自立男性」の「隠れ依存心」が、女性にはキツくなってくるとき。

普段はとっても男らしく、仕事場でもリーダーシップを発揮し、強気なタイプに見える方がいらっしゃいます。
「こうあるべきだ」というべき論が強く、実際にそう動く。
部下に対しても褒めることもするが、手厳しいことが多い。

普段、感情を抑圧している分だけ、
プライベートでは、ガマンしていたことを出す。
意識して、ではなく、無自覚に、です。

 

妻に頼りきり、依存心を出す。

それが悪いというわけではないし、必ずしもパートナーシップが破たんするわけでないのですが、
問題なのは、
「無自覚、無意識に」なんです。

本人が「やってる自覚がない」ことは、
パートナーの片方は、「自覚」します。

「また、私にやらせてばっかりで!」
それが、イラっとくるもとにもなるのですが・・・
ところが、男性の方が、これに気づくのは、女性が耐えかねて反撃に出たときなんです。

ある日突然、別居したい、別れたい、と言われて、
な、なんで!?

って。

これを未然に防ぐには?

男性が感情を抑圧しないこと、なのですが、それに気づいていないので、
パートナーである女性側が、不満をため込まない、のがとっても大事。

この時点で、どうしたらいいのか?
ぜひカウンセラーに頼ってみてください。

男性の方、問題ないと思っていても、実は密かに、問題は進行(深耕)中かもしれません。
ホントに問題がないのかどうか、カウンセラーに話をしてみてください。
カウンセラーは、隠れた問題までみつける潜水士(ダイバー)みたいなもんなので。