私、そもそも、「許し」って、なんなんだ?とずーっと思ってきたのです。

「許し」って「許可」という言葉があるように、
なんだか、上下関係のニオイがする言葉ですしねー。

だから「許し」って、コトバ。
私自身がひっかかるタイプなので、カウンセリングでも、あんまり
「許しましょう」
って言わないんですけどねっ・・・

浮気の例で言うと、
浮気したパートナーを理解することに努めてみる。
(嫌だけど・・・)
「だからこの人は浮気をしたんだな!」って、すこーし納得できる瞬間があれば、それだけでも軽くなる。
そして、だんだんと、諦めに似たような「まぁ仕方なかったかなー」と思える部分が出てきたり。
丑三つ時になったら、藁人形に五寸釘を打っていたけど、その回数が減ったり。

など、緩やかなものだと思うのです。
(「許す」の語源は「緩む」だそうですし)
この状態を目指すだけでいいと思うんです。

ある日、突然、
「あーすっきり~!なんとも思わないわ~!」と、
「ザ・解脱!」「ザ・悟り!」なんてことはないんじゃないかと。

で、私は、ですが、
許せないなら許せないでヨシにしましょうよ、って思うんです。

なぜ「許し」にそこまで悩むのか?というと、残念ながら「許したいから」。
なので、
「許せない私を許せない」というアリ地獄な状態になります。

だから、
「許し」にとらわれている自分を解放する。
「許せない」と思ってる私を受け入れる
ことが必要だと思うんです。

「どうせ私はパートナーを許せない人です」
「パートナーを許せない私を許します!」
と自分で自分にOKをしてみる。
(これ、実際に言ってみると、マジで意外とスッキリ)

「許し」という言葉すら「許せない」でいいじゃないですか?!


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)