問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【既婚者と不倫中 No.25】「不倫相手ともう別れます!」「不倫相手と別れました!」はずが、ヨリを戻してしまい、バツが悪いときはどうしたらいい?

浮気・不倫をしている方がカウンセリングにお越しになるとき、というのは。

相手とうまくいかない、
とか、
何か嫌なことがある、
とか、
もう終わりにすべきか迷いがある、
などです。
(うまくいっているときにはお越しにならないことが多いです)

中には、
「もう終わりにしようと思います」
だったり、
「別れたんですけどね」
というご報告もあります。

ところが。
その後。

やっぱり終わりにできず、関係が続いてしまった・・

これ、よくあります。

あのときカウンセラーの前で、
「別れます(別れました)」
って言っちゃったのに・・・
あーあ。
と、自己嫌悪。

バツが悪い気分。

本当は話したいこといろいろあるのに
躊躇して、カウンセリングから足が遠のいてしまう。

・・・・
実はけっこういらっしゃいます。
お越しになるかどうかは自由なのでいいのですが、ただ。

中途半端なヨリの戻し方をしているので、
そのうちまた関係が悪化するか、
おもしろくない状態が続き、
どうしようかと悩み苦しみ。
その時に、
「バツが悪い」という理由で、
助けを求める先を自分からなくしてしまっていること

これが問題なんですね。

カウンセラーにだってそうなのですから、
きっと周りのお友達にはもっと体裁が悪い
って思っていませんか?
さんざん話を聞いてもらってつきあってもらって、
あなたの幸せのためよ、
って支えてくれたのに・・・
ヨリを戻したなんて、言えない・・・
おまけに。またまた関係に悩んでいるなんて、とても言えない・・・

ですよね?
(そして友達とも距離ができてしまいます)

私に限らずですが、
カウンセラーはまーったくなーんとも思いません。

別れるといって別れなかったこと
ヨリを戻したこと
それであなたのことをヘタレってバカにすることは絶対にありません。

だって好きで一緒にいた相手ですもの。
別れるのって大変だし、
簡単に別れられるぐらいなら
そもそもカウンセリングにもきてないですよね?

だから、駆け込み先をなくさないでいただきたいのです。

自分を苦しませないでほしいのです。