男と女

この人でいいのかな?と、迷ったときは「自分にとっての真実のパートナー」にコミットする

こんにちは!

さて。

今日のお話は「真実のパートナー」について。

「真実のパートナー」って?

パートナーとの関係に問題がある場合。

「いま付き合っている人が、自分にとって”真実のパートナー”なのかどうかわかりません」

というご相談をいただくことがあります。

うまくいかない何かがあるとき、
本当にこの人が自分が一緒にやっていくパートナーなのか?
迷いが生じているのだと思います。

何をもって「真実のパートナー」というのか?
これまた難しい話です。

結婚したからといって真実だとは限らないですしね。

一応、定義するなら、

互いにお願いするところはお願いでき(相互依存)

ともに何かをクリエイトしている(共同創造)

というところでしょうか。

(私たちが学んだビジョン心理学では)

「真実」にするかどうかは自分次第

カウンセリングスクールの社長からはこう言われました。

「真実にするかどうかは自分次第なのだ」と。

自分が真実だと思えればそうだし、
そうじゃなきゃ違うしってことなんでしょうね。

問題のないパートナーシップなんてないと思いますが、

その問題に対してどう主体的に取り組んでいくのか?

その歩みが尊いわけで
結果的に真実、と呼べるものになっているのかもしれません。

「真実のパートナー・パートナーシップにコミット」

パートナーの××さん(という固有名詞)と
一緒にやっていくこと
迷いが生じ
××さんにコミットができないときは、

「私にとっての真実のパートナー・パートナーシップにコミットします」

と決めることで、
事態が動いていくことがあります。

真実でなければ、おのずと

「違うよね、この相手・このパートナーシップ」

と思えることが起きるようです。

この人でいいのかな?
あるいは
この人は私にとっての真実なんだろうか?

そう
迷ったときは、
ぜひ「真実」にコミットしてみてください。

-男と女