問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【既婚者と不倫中 No.14】既婚者と付き合うのはやめておいた方がいいよ~という友達のアドバイスをもらっても、多くはストッパーにならない。

さて、前回に続き、噂の芸能人さんの不倫騒動について。

これまたどこまで本当かわからない報道なのですが・・・

彼を好きになった頃、周りの友達に相談したら、
みんなから、「不倫だからやめたほうがいいよ」と止められたらしいですね。

やめたほうがいいのは本人がいちばんよくわかっています。
やめれるもんならやめたい。
でも自分ではやめられない、から、
「友達からのアドバイス(+圧力)」を使ってやめようとします。

もちろん、それに素直に耳を傾けて、踏みとどまる方もたくさんいると思います。

ところが。
残念ながら、この「友達への相談」というストッパーが、
機能しないことが多いみたいなんです。

むしろ、大切な友達に相談して、引き止められてもなお、
私の感情は抑えられなかった、
それぐらい大好きで愛してる、というモチベーションになってしまうことも・・・。

これってなぜなんでしょうね?

すべてのケースが、ではないと思いますが、
表面意識では、悩んで相談するけれども、
実は心の奥底では付き合うつもりでいる(と決めている)ことが多いんじゃないか?と。

友達に相談、と言っても、望んでいることは、
すごく苦しんでいる私の気持ちをわかってほしい。
共感してほしい。
だけのような。

でも、相談された友達は、普通、止めようとしますよね?
友達が苦しむような恋に突き進むのを黙ってみていられませんしね。
「不倫はいけないこと」として、いい悪い、で判断しますから
「そんな悪いことをしちゃいけないよ、苦しむことしちゃいけないよ」って言います。
これが友達としてはごく自然な対応ですよね。

そうだよね。
やっぱり。
やめなきゃいけないよね。

と、その場では、アドバイスを受け入れるような返事をします。

が。
実はこれもひそかに罪悪感を積み重ねるきっかけを作っているなぁと思うんです。

大切な友達に相談して、やめるようアドバイスをもらったのに、やめられない。

大切な友達を裏切った、悪い、
という罪悪感まで作ってしまっている。

と思います。

ただでさえ既に罪悪感まみれのあなたが、
更に、罪悪感を重ねないように。

友達に話す前に、(もちろん、もう話しちゃった方もですが)
カウンセラーにお話しくださいね。