問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

夫婦・カップルでカウンセリングにお越しになられても、ご希望を叶えてあげられないケース~カウンセラーはどちらの味方もできません。

カップルでカウンセリングにお越しになる場合、
よくあるのがこんなケースです。

パートナーの彼が浮気した。
浮気された女性が、
「関係を修復したいから2人でカウンセリングを受けたい!」
と彼を説得し、ご予約。

そうなんです。
修復したいし、仲良くなりたいのです。

ところが、浮気された恨みつらみがあるので、
実のところ、カウンセリングの目的が、

「いかに私が辛かったかを、知らしめたい!
そうしたら、彼は二度と浮気しないだろう」

にあることが多いのです。

カウンセラーだったら、辛かった私の気持ちを理解して、私の味方をしてくれるんじゃないかしら。
カウンセラーだったら、二度と浮気しないように、プロのテクニックで説得してくれるんじゃないかしら。

というご期待をお持ちなのですが、
残念ながら叶えてさしあげることができません。

もちろん、あなたが浮気された辛い気持ちは理解できます。

でも、いくらお金を頂戴しても、
あなたの怒りと、攻撃モードにノってあげることはできません。
カウンセリングを復讐の場にすることもできません。

カウンセラーはどちらか一方の味方はできないし、いっしょになって非難することもできないし、説得もできません。

なぜかというと。
仮に、
カウンセラーが彼女に肩入れしたら、どうなるでしょう?

浮気した彼の方は、彼女+カウンセラーの2人がかりで責められたら?

いたたまれなくなりますよね?

彼は、
ごめんと、謝りもした。
悪いことだとわかっているけど、してしまった。
責められても、毎回ごめんとしか言いようがない。
けど、責められ続けるので、うんざりしてくる。
(こんな彼女はもう嫌だ。他に行きたくなる・・・)

と思いませんか?

また、逆の例もあります。

浮気した側が、浮気された側をお連れして・・・・です。
目的は、
「浮気した自分のことを許すよう、相手を説得してほしい」

でもこれも同様に叶えるのは難しいのです。

許してあげようよ~と二人がかりで言われたらどうでしょうか?

浮気された側が、「許せない自分自身」を責める可能性が大です。
悲しさ、悔しさが癒えてないのに、
許さない自分が悪いかのようなことを言われたら?
さらに頑なになります。

ですから、いずれの場合も、
残念ながらカウンセラーは、ご希望を叶えてあげることはできません。

ただし。いずれのケースにも共通しているのは、

「二人の関係を修復したい・元通り、あるいはそれ以上に仲良くなりたい」

ですよね?

本来望んでいること・目的はここですよね?

そのために、何ができるか?を
私たちカウンセラーは、ご一緒に取り組んでいくことは可能なんですよ。