問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【浮気された・不倫された No.13】あんな苦しい時代を支えてくれた、「糟糠の妻」を捨てたくなってしまう、成功者の男性。

「糟糠(そうこう)」とは、
酒かすと米ぬか。
粗末で貧しい食事のことを言うそうです。

「糟糠の妻」とは、その食事に象徴される、
貧しい時代から苦労をともにしてきた妻のことを言いますよね。

夫が出世した。
起業で成功した。
会社を発展させた。
なのに、それまで尽くし、支えてきた糟糠の妻を捨ててしまう、ということがあります。

売れない芸人、ミュージシャンが、
売れたとたんに、不倫、妻と離婚
って、聞いたことがありますよね?

離婚に至らないまでも、浮気・不倫中、というのも
よく伺う話です。

なぜこんなことが起きるのでしょうか?


男性は、勲章を欲しがる生き物

成功のシンボルとして、家、車、など、目に見えてわかりやすい形での勲章が欲しくなります。
それは自分へのご褒美。

ところが。
隣にいる妻を見たら?
相変わらず慎ましく、旧態依然とした姿でいるとしたら?

夫にとって、それは
自分が成功する前の、自分自身を見るのと同じです。
もうそんな姿は見たくないのです。
今、成功しているからこそ。
元の姿に戻りたくない。

なのに、妻は以前の姿だとしたら、
悲しいかな、貧乏神のようにも見えてしまいかねません。

だとすると、
成功した自分にふさわしいと思える女性を隣に置きたくなります。
(トロフィーワイフ と呼ばれるのがこれ)

でも、苦しい時代を支えてくれた妻を捨てることは、罪悪感があります。
だから、もちろん妻の生活に迷惑をかけないよう、
お金はちゃんと家に入れます。

ただ、家にいても、おもしろくありません。
妻は、罪悪感を感じる対象になってしまっていますから。

旧態依然の妻はどうしたらいいのか?

ひとえに
「夫の成功を受け取り続けること」に尽きると思います。

私の支えあっての、夫の成功。
夫の成功は私の成功。
夫だけでなく、私もご褒美をもらっていい。

贅沢をしたほうがいいというわけではありませんが、
かす・ぬか以外にも食べられる自分になること。

夫は、妻に、かす・ぬか以外を
食べさせたくて、がんばってきたのですから。

成功を自分にも許す
、ことが必要です。

もうひとつ別のケースがありますので、これはまた明日!