浮気・不倫された

糟糠の妻を捨てて、浮気・不倫をする、成功者の男性。妻はどうしたらいいの?

「糟糠の妻」とは

「糟糠(そうこう)」とは、
酒かすと米ぬか。
粗末で貧しい食事のことを言うそうです。

「糟糠の妻」とは、その食事に象徴される、
貧しい時代から苦労をともにしてきた妻のことを言いますよね。

なぜこんなことが起きるのでしょうか?

夫が出世した。
起業で成功した。
会社を発展させた。
なのに、それまで尽くし、
支えてくれた妻を裏切る。捨てる。ということがあります。

売れない芸人、ミュージシャンが、売れたとたんに、不倫、妻と離婚って、聞いたことがありますよね?

離婚に至らないまでも、浮気・不倫というのもよく伺う話です。

糟糠の妻、に該当する人はどうしたら裏切られないのでしょうか?

男性は、勲章を欲しがる生き物

成功のシンボルとして、家、車、など、目に見えてわかりやすい形での勲章が欲しくなります。
それは自分へのご褒美。

ところが。


隣にいる妻を見たら?


相変わらず慎ましく、旧態依然とした姿でいるとしたら?

夫にとって、それは
自分が成功する前の、自分自身を見るのと同じです。


もうそんな姿は見たくないのです。

あの頃の、苦しかった時代を思い出したくないのです。


今、成功しているからこそ。
元の姿に戻りたくない。

なのに、妻は以前の姿だとしたら、
悲しいかな、貧乏神のようにも見えてしまいかねません。

だとすると、
成功した自分にふさわしいと思える女性を隣に置きたくなります。
トロフィーワイフ と呼ばれるのがこれです。

成功した男性のシンボル=トロフィーですね。

でも、苦しい時代を支えてくれた妻を捨てることは、罪悪感があります。
だから、もちろん妻の生活に迷惑をかけないよう、
お金はちゃんと家に入れます。

ただ、家にいても、おもしろくありません。
妻は、罪悪感を感じる対象になってしまっていますから。

彼が売れないからこそ感じられていた自己価値だったかも

「糟糠の妻」の目的・モチベーションが、夫を成功させること、だとしたら、成功した時点でもはや生きがい、やりがいではないのかもしれません。

夫が成功するまでに、感じていた感情があると思います。

「私じゃなきゃ、支えられない」
「私が彼を成功させるんだ」
「私しか彼を理解できない」

貧乏だったり、売れなかったり、トラブル続きの彼を理解できる
唯一無二の存在であることに、自己価値を感じていた部分ってあると思うのです。

他の誰でもない、私だけ、という希少性に。

でも彼が成功してしまった突端、彼の理解者は格段に増えます。
今までは出会えなかったような高名な人や、スペック高そうな人たちも周りにいるかもしれません。
そうなってしまうと、
彼の唯一の理解者だった自分の価値って、急に小さなものに思えたりします。
妻自身が、やはり自分のことを、かす・ぬかにランクダウンさせてしまうですね。

逆説的なのですが、彼が成功していなかったからこそ、自分の価値を感じられていたわけですよね。

となると、妻としては、成功していた彼の横にいるのは、かす・ぬかの私ではない、ので、おのずと隣にいる座を、他の誰か=浮気・不倫相手に明け渡してしまうことになります。

旧態依然の妻はどうしたらいいのか?

では、成功した男性の「糟糠の妻」は、どうしたらいいのでしょうか?

ひとえに
「夫の成功を受け取り続けること」に尽きると思います。

私の支えあっての、夫の成功。
夫の成功は私の成功。
夫だけでなく、私もご褒美をもらっていい。

贅沢をしたほうがいいというわけではありませんが、
かす・ぬか以外にも食べられる自分になること。

夫は、妻に、かす・ぬか以外を
食べさせたくて、がんばってきた
のですから。

成功を自分にも許す
、ことが必要です。

かす・ぬかがふさわしい自分から、
アップデートできていないとしたらすぐにやりましょう。

何か自分が我慢してきたことはないでしょうか?
お金の面でも、欲しいものより、値札を優先じゃなかったでしょうか?

余裕・ゆとりのある時間を自分に与えてきたでしょうか?

もしまだ!なら、やってみましょう。

自分自身のヴィジョンを見つける

彼を成功させるという目的は無事果たせたわけですが、
これはある意味、他人依存のモチベーションだったわけですね。
私が生きがいを感じるかどうかも、夫次第だったんですね。

それが悪いわけではなく、そこまで情熱を注げる対象があることは素晴らしいと思うんです。
実際に、夫は成功しました!

それってすごいことです。

夫を成功させたことで、金銭的にも時間的にも余裕はあるでしょうから、
次は、そのエネルギーを自分自身のために、使ってみよう、ということです。
自分が事業を立ち上げてもいいですし、社会貢献の活動をしてもいいと思いますし。

ただし、次は子どもを!と、対象をチェンジするなら、要注意です。
いけないことでも悪いわけでもないのですが、子どもを成功させることで、自分の価値を感じようとするなら、やはり他者依存になってしまいます。
子どもが成功しようがしまいが、結果はどっちでもいい、と思えるぐらいがいいかもしれません。

自分自身のために、がポイントです。

自分がトロフィーワイフ

糟糠の妻は、

夫を成功させた自分、そんなバイタリティーと才能のある自分の自己価値をとことん高め、受け取っていきましょう。
そして、自分自身が輝いて生きることで、
自分が彼にとってのトロフィーワイフです。

他の誰かをトロフィーにさせない。
もし、誰かに彼の気持ちが向いてしまっていても、
今からでも遅くない。
自分のために、時間もお金も使っていく。

自分自身をトロフィーにするし、自分自身にトロフィーを与えてあげる。
そんなことをしているうちに、
糟糠の時代を共に過ごしただんなさんが浮気相手・不倫相手から戻ってくるかもしれません。
もし戻ってこなかったとしても、妻が十分に輝いていれば、次の人生のスタートも切りやすくなります~。

夫の事業がうまく行き始めたら、夫婦関係がおかしくなった、夫が浮気・不倫をした。夜の店でお金を使うようになった・・・
そんな場合、妻は、「自己価値と受け取り」がこの問題のキーワードです。
ぜひ個人セッションを受けてみてください。


「糟糠の妻」にありがちなのは
「受け取らない」というお話でした。

もうひとつ、別のタイプがあります。
(「妻」と書いていますが、独身者同士のカップルでも同じです)

夫の成功がなぜか悔しい場合は

こんなケースです。

あの夫を成功させたのは私なのよ!
なのに、調子に乗ってて、腹が立つわー。
私をなんだと思ってるのよ。

と、なぜかイライラしているケースです。

確かにそのとおりで、妻は多大な貢献をしたのでしょう。

冷静に考えると、
全部、妻の力か?というと?
夫だって相当な努力もしています。

が、これを素直に受け入れ、認めようとすると、
なぜか敗北感と屈辱感が出てきてしまう。

というケースです。

実のところ、妻は、口で言うほど、
そんなに自分に自信があるわけではないと思うのです。
夫の成功で、自分の価値を感じたかった。
だから一生懸命応援した。

いざ成功したら、その目的は達成されたのですが、
成功したらしたで、
夫と私と、どっちが成功に導いた功労者か?
という競争をしているんですね。

成功した夫でさえ、私の前では、膝をつき、かしづかないとイヤ!
=夫は、私の下でなければイヤだ。そうでなければ私は自己価値キープできません

になっているのです。

ある意味、成功するまでは、この競争心(闘争心)は、
バイタリティとして役に立っていたところもあるでしょう。
ところが、成功した後も、持ち続けると
終わりなき戦争状態が続きます。

成功している夫は、逃亡したくなるでしょう。
平和な土地は他にあるのですから。

競争を手放すこと

この抜け道は
妻が「競争を手放すこと」に尽きます。
妻も夫も、どっちもすばらしい、し、
2人のパワーと才能があってのいま、なのですから。

うーん、手放せない?
ならば、あなたのその競争心を作り出している
根源にアプローチが必要
ですね。



★では、「糟糠の妻」がいながら、他の女性が気になる・妻を捨てたい気分の夫はどうしたらいいか?

さぁ、どうしましょう。
裏切る罪悪感でいっぱいです。
男性はどうしたらいいでしょうか?

「糟糠の妻」がいながら、他に気になる女性がいる、あるいは浮気中、という男性はどうしたらいいのか?について書いてみます。今の地位を築くまでに
辛苦を共にした妻。

その妻に対し
もちろん感謝の気持ちはあることでしょう。

今、妻との関係をどうしようと思っていますか?
あなたの状態は次の3つのうち、どれでしょうか?


★妻と離婚する気はないが、おもしろくない。苦しいというタイプ

あなたの妻は、
「受け取らない妻」
もしくは
「競争心を捨てない妻」
あるいは違うタイプでしょうか?

あなたの妻が、いまどのタイプなのか?を知りましょう。
それによって、あなたが妻に対し、何をコミュニケーションするのかが異なってきます。


★妻と離婚したいと思っている。

なぜ離婚したいと思っているのでしょうか?
妻のどこに不満があるのでしょうか?
そして、それはもはや解消不可能なことなのでしょうか?
他に気になる女性・付き合っている女性がいるなら、
その方のどんなところに魅力を感じていますか?


★妻との離婚を決めた

決めたのなら、離婚に進めばいいはずなのですが
もし躊躇しているのなら?
それはなぜでしょう?

本当に離婚を決めて、思い残すことはないですか?

いずれの場合にせよ、
糟糠の妻ではあっても、
「今の妻」と
「今のパートナーシップの状態」を見つめる必要があります。

そこに本当に改善の余地はないのか?
自分ができることはないのか?

やれるだけのことをやらないと、
もし離婚を選んだとしても
「捨ててしまった罪悪感」がつきまといます。

その話しづらい悩み、個人セッションを
受けてみませんか?

オンラインセッション

話をお聞きするだけのカウンセリングじゃない。あなたの悩み・問題に深い気づきと、無理のない歩みをもたらすセッション。

メニュー・ご予約はこちらから

-浮気・不倫された
-,