問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【浮気された・不倫された No.3】「あんなおばさんみたいな女に、彼を盗られて悔しい!」

だんなさんや彼が結構年上の女性と浮気をしている。
しかも、「なんであんなおばさんと!」
と思うような年齢の人。

悔しい、悲しい。

わかります。

そこでついつい
「年上女の狡猾なテクニックに、彼はハメられた!」
と、そのおばさんを悪女にしたくなります。

でも、これが不思議なことに、浮気相手が
「年下の若い女」
だと、
「年下、若い」という、どうしようもない事実の前に、
あきらめに似たような、敗北感が出ます。

なぜか、
「若い年下女」
よりも、
「自分より年上おばさん」

の方が、ショックと許せない思いが強かったりするわけで。

なんで、そんなおばさんのところに、
彼はいっちゃったんでしょうね?

西島秀俊さんのように、
オトコって若くてきれいな女の方がいいはず、なのに?!

ちょっと考えてみてくださいね。
今日はここまでです~