離婚・別れ・失恋

【失恋・別れ・離婚】「呪い」に効果はあるのか?~恨んでいる相手を不幸にできるのか?

別れ
  • 俺をひどく傷つけた元カノを今でも恨んでいる
  • さんざん苦労かけた元の夫を今でも許せない
  • あんな奴、不幸になればいい!!死ねばいい

というほど、別れたパートナーを恨んでいることってありますよね?

あるいは

  • 好きな男性を別の女性に盗られた。その女性が憎い。
  • 夫が他の女性と浮気をした。夫の浮気相手が許せない。

第三者の人を憎むこともあるでしょう。

自分の中に、激しい憎悪の感情がある時、ここまで人を悪く思う私って、ひどい人間かも~と思いたくもなるかもしれません。

そりゃ、「呪う」って、いいエネルギーの使い方がじゃないかもしれません。

でも呪っちゃうときってあると思うんです。

※もちろん、ストーカーなどの犯罪行為は許されないことです。ここではあくまでも「呪いの感情」についてフォーカスしていきます。

元のパートナーとのつらい思い出から立ち直ろうとしていたり、つらい過去があるから、ふっきれなくて、苦しいから、呪うんでしょうね・・・

カウンセリングでも
「人のだんなを奪った女性って、いつか災いがありますよね?」
「これだけ愛した俺を捨てて、他の男に走った女って、これからいいことなんてないですよね?」
って質問されることがあるんですが、
私は預言者でも占い師でもないので、わからないのです・・・
まぁ因果応報という言葉もあるぐらいですから、あるのかもしれません。
ついでにいうと、私は魔術師でも陰陽師でもないので、憎いあいつに不幸をもたらす技もありません。

災い=それが私の復讐!!

になるから、起きることを願っちゃうんですよね。

スピリチュアルなお話で、ある説でしかないのですが、サイキックアタックと言って、相手への嫉妬、憎悪などで攻撃のエネルギーを送っていることがあるそうです。
実際に、そのサイキックアタックで、命を落としたり、不幸な出来事があったとも。
でも表面的には病気、事故、事件なので、それが本当にサイキックアタックによるものだったのかどうかは、普通わからないと思うんです。

※サイキックアタックされている場合もあります。この場合は、このアタックされているエネルギーは、大いなる存在に返すそうです。

多くの場合、ですが、サイキックアタックをしている場合は、自分のエネルギーを自身の成長のために使っていないことになるので、エネルギーの持ち出し、浪費になってしまうようです。
じゃあ本当に、呪いのエネルギーはそこまで効果的かと言うと、残念ながら届かないこともあるようです。

ひどいことをした人間が、みな不幸になっているかというとそうでもなかったりします。
不倫して奥さんと別れて、不倫相手と再婚して幸せにやっている、なんて話は山ほどありますよね・・・

既に別れたパートナーの人生は、その彼・彼女自身のものなので
残念ながら。
別れた私には全然関係ないといえばないんですよね。


こっちが呪っていることを、別れたパートナーは、まーったく知りもしなければ、想像もしてないし、
こっちのことをとっくに忘れちゃったりしてることも多々あり

呪っても呪っても相手は、
残念ながら。
「勝手に」自分の人生を生きてます。

だから、呪い続けることで、認めることを避けているのは、

「私にはまったく関係ない相手になった」

ってことなんじゃないかなーって思います。
「喪失感」なんですよね・・・

じゃあ、「呪いの男・女」になっている自分から抜けでるには??

呪い続けることで何かしなくていいことがあるとしたら、それってなんでしょう??
呪い続けることのメリット、です。

メリットがあるから、「呪いの男・女」になっているんだと思います。
さて、なんでしょうね??

-離婚・別れ・失恋
-, ,