心を深く知る

日本人サポーターのゴミ拾い~他人が捨てたゴミをボランティアで拾うことってどうなのか?

2022年11月26日

こんにちは。

サッカーのワールドカップが始まりましたね。
私は、昔はよく観ていたけど、今はそうでもないので、ちゃんとは観てません。

毎回話題になるのが、サポーターによるゴミ拾い。

「日本のファンは気品を見せた」コスタリカに敗れた後もゴミ拾いする姿に海外メディア称賛「勝っても負けても、やるのだ」【W杯】

礼儀正しさ、マナーの良さとして、日本人の美徳をほめたたえる記事もあれば、現地の掃除スタッフの仕事を奪うからやめたほうがいい、等いろんな意見がありますね。

今日はこの件について、ちょっと違う視点で考えていきます。

カウンセリング・セラピーでの「ゴミ拾い」

そもそも、自分がもういらなーいと思うものがゴミになりますよね?

実は、心理カウンセリングやセラピーの世界でも、ゴミは出ます。

といっても、

ゴミ=いらない感情、心の痛みだったもの、トゲのようにささっていたもの、

等です。

時には涙を流すこともありますが、涙と共に、感情が内面から表に出て行っていますよね。

私が学んだカウンセラーのスクールではこの泣いたときの涙や鼻水をぬぐうためのティッシュがおかれています。

そしてそのティッシュを使ったあとは、スクールの講義・グループワーク中は、設置されているゴミ箱に入れず、床に捨てます。

その後片付けは、アシスタントの仕事なのです。
拾って、ゴミ箱に捨てます。

ちょっと不思議な感じがすると思いますが、なぜだと思いますか?

せっかく感情を感じているので、途切れさせないため

感情を感じているということは、いろんな癒しが起きている最中なのです。
その途中で、ゴミ箱に捨てなきゃ!は、感情が途切れてしまう可能性があるから。
目いっぱい気づかいなく感じていただくために、ゴミ箱はそばには用意されていないのです。

お客さんのケアを、アシスタントに学ばせるため

ティッシュを差し出すタイミングから、片づけまで、お客さんのケアをアシスタントが責任もって最後まで行うためです。
通常、お客さまとはカウンセリングルーム(昨今ではオンラインでも)カウンセラーが一人で全責任を持って、お客さまとお持ちの感情に向き合っていきます。
それをするための練習でもあります。
だからティッシュ拾いはカウンセラーのたまごであるアシスタントにとってのトレーニングです。

いかがでしょうか?
ティッシュというのは、もちろん涙と鼻水にまみれていてそれなりの用途があるわけですが、「感情」をシンボル化したものなんですね。

ではワールドカップ(だけではないのですが)のスタンドのゴミは?

ゴミに付着している感情は?

そもそもゴミは所定の場所に捨てるものだ、と私たち日本人の多くは思っています。

ただ残念ながらそれが当たり前でない国もあったり、日本人でも平気であちこちに捨てる人もいます。

が、これだけ毎回、スタンドでのゴミ拾いが賞賛されるということは、多くの国や文化でもやはり「ゴミはそのへんに捨てたり放置せず、所定の場所に捨てるものだor捨てた方がいい」という大前提があるのでしょう。

だとすると、ゴミを捨てると言うことは、道徳やマナーに欠けた行為なので、普通は罪悪感を感じる行為になります。

あのスタンドに捨てられたゴミは、
・ゴミは平気で捨ててもいい
・罪悪感感じるけど、まぁいいや捨ててしまえ

等、様々な感情がくっついていると思います。

そのゴミを拾うというのは、本人の内側から外に向けて出した感情のシンボルであるゴミを拾うというのは、そこにくっついている感情まで拾うことになります。

仮に、捨てることに罪悪感がなかったとしても、

他人がいーらないと捨てたものをわざわざ拾うのか?

自分のものでないエネルギーをわざわざ持つ必要があるのか?

と言うことになります。

何かと引き換えにしないと、どこかで負担として背負います。(目に見えませんが)

だから、私たちカウンセラー・セラピスト・ヒーラーと呼ばれる職業の人は、いらない感情(ゴミ)を扱う対価としてお金をいただくわけです。

エネルギーの等価交換が大事

通常、掃除はスタッフさんが、仕事としてお金と引き換えに行っています。
これはエネルギーの等価交換ができているので、バランスがとれており、問題ありません。

観客は、お金を払って観戦しているわけですから(かといってゴミをそのへんに捨てていいとは思いませんが)、そのお金で雇った人が掃除をするサービスを買っています。

ですが、ボランティアでゴミを拾う人は、「他者が捨てたゴミをお金で掃除してもらうサービス」を受け取り拒否していることになります。

大王製紙前会長で実業家の井川意高氏は
「日本人の劣化が口惜しいんです。ゴミ拾い褒められて喜ぶ奴隷根性に大和民族が成り果てたことに憤ってるのです」と言っています。

どうかと思う表現もありますが、日本人がお金を払っているにも関わらず、受け取りを拒む姿に憤りを感じたのなら、わからないでもない気がします。

私個人の意見~スタンドゴミ拾いはしないほうがいい

私個人は、やはり

◯他人がいらないと思っている感情とゴミを引き受けてしまう
◯自分が払ったお金に対して、正当な受け取りを拒否してしている

と思うので、スタンドのゴミ拾いはやめたほうがいいと思っています、

もちろん日本人の奥ゆかしさや行儀やマナーを守る精神は好きだし、すばらしいなと思っています。
その上で、なんですが、
やっぱりしない方がいいと思っています。

-心を深く知る