問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【パートナー・配偶者がいて浮気・不倫中 No.23】相手が離婚してくれたら、私も離婚するのに、と思うとき。

W不倫の関係で。

それぞれの配偶者と別れて結ばれたいほどに大好き。
でも、「奥さん・だんなさんと別れるなんて、できないよね、お互いに。」

諦めと切ない気持ちとともに、
いつもここで会話が終わります。

「彼(彼女)が奥さん(だんなさん)と別れてくれたら自分も別れられるのに」

と思っちゃいますよね。

だって、もし私が離婚しても、
不倫相手も、離婚してくれなかったら?
結ばれないまま。
どうなるかわからないのに、
今の結婚生活を終わらせるなんて
そんな怖いことできないんですよね?

不倫相手が絶対に私と再婚してくれるという保証があれば
離婚するのに、って。

でも、残念ながら、相手はなかなか離婚はしてくれません。
あなたが躊躇するのと同じぐらい、相手も躊躇するから。

それでもなお、相手と結ばれたいのなら?
ちょっとシビアな表現になっちゃうんだけど、

「あなたがまず、あなたの配偶者との関係に向き合うこと」

そのうえで、やっぱり離婚しかないなぁと思ったら。

「あなたが配偶者との関係を誠実に終わらせること」

なんだと思います。

不倫相手が離婚してくれるかどうかではなく、
あなたが今の配偶者とどうするか?が先
なんですよね。

主語を「あなた=自分」に戻す。
軸を「自分」に戻す

ということなんです。

「相手が離婚してくれたら」と相手に行動を先に求めてしまうのは、
「自分の人生をあなたがなんとかしてほしい」という依存状態になっているんですね。
これ、相手の立場で想像しても、
そ、そんな・・・
お、重い・・・
と、及び腰になるの、わかりますよね?
あなたの結婚生活を終わらせるために、自分ががんばらないといけないの?
って。

苦しい不倫関係を終わらせるには
(実らせる、終わらせる・・・に関わらず)
依存の状態から抜けて、
自分が動けることからやってみる、
のがいいかもしれません。