問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「リハビリ男」は「天使な男子」

大きな失恋をした後とか、離婚した後とか、
次にお付き合いする本命のパートナーを見つける前に。

恋愛モードとか、恋愛体質にするために、
「ちょっといい感じ」
「友達以上恋人未満」
な、男性と、デートして過ごすことってあると思います。

このお相手の男性。
少々失礼な言い回しかと思いますが、
回復期に必要な「リハビリ男」と呼ばれたりします。
(なぜか男性からの「リハビリ女」という言葉はあんまり聞きませんけど・・・)

よく「3人ぐらいは必要(いてよし!)」とも言われます。

なぜ3人なのかは私もわかりません。

本命のパートナーに求める要素ってのが3つあるとして。
いきなりそこを狙うには、失恋の傷が痛くて怖くて無理。
なので、要素を1つずつ持った人を1人ずつ体験し、
最後はその3個を1人で持った人に行きつく、ってことなのかもしれません。

もしくは、ホップステップジャンプじゃないですけど、
本命のパートナーに求める要素を
少し持ってる人、半分持ってる人、 近い人・・・
で、本命に会った時に、捕まえる練習をしているのかも・・・?

その「リハビリ男」は、
やさしかったり、やわらかい雰囲気だったり、悲しみをケアしてくれたり。
あるいは、セクシーさがあってうっとりした気分と時間を与えてくれたり。
(なので強引さがあまりなくて、物足りないかもしれませんし、
一定の距離を感じる相手かもしれません)

あなたの心の傷を癒し、そしてもう一度勇気や活力、女性としての自信を
取り戻すよう援助してくれる。
もう一度恋愛をするのに、必要な要素を
思い出させてくれたり、開発してくれる存在。

だとしたら。

私が前回のブログで書いた、怪しいスピリチュアルヒーリングに
登場した存在と一緒で、
「天使な男子」だと思うんです。

「リハビリ男」って呼ぶよりいいと思いませんか?

もともと天使って、必要な時に呼んで助けてくれる存在。

だから、彼も、あなたにとって必要な時期にやってきてくれた、
ということなんだと思います。

もしあなたが助けてほしいときにきてくれないなら、
その「天使な男子」のお役目ではないのかもしれません。
天使って、得意ジャンルがそれぞれ違いますからね。。。

もしかしたらその「天使な男子」が、人間になって
本命のパートナーになる可能性もないわけではないと思います。
ただし、人間にするのは、彼もあなたも
ちょいと頑張らないといけないかもしれませんが。

それに「天使な男子」にとって何が幸せってのは、
それは当人しかわかりません。
彼自身が「天使な男子」ポジションをよしとしてるから、
こうなってるいるわけで・・・。

だから、こっちがリハビリ対象にしたことは悪かった、
と思う必要はないんじゃないか?と、
人間の女子目線では思うんです。

なぜかここ最近、カウンセリングの中でも、
スピリチュアルな存在に関する言葉が多発するので
思うところを書いてみました。