私にとっての中心的テーマがあったので受けました

安田未稀さんの面談カウンセリングの魅力は沢山ありますが、

私にとってのポイントは2つ。

「セクシャリティ」 と「深刻さを笑い飛ばす軽さ」でした。

ミキさんのブログテーマに、私にとっての中心的テーマがあったので面談カウンセリングを受けに行きました。

ミキさんは丁寧に話を聞いてくださり、私が「これを人に話すことなど絶対に出来ない!」と固く握りしめていたテーマを「もしかしたら、話してもいいかも♪」なあんて軽いタッチで話せた初めての人でした。

私は自分の中に「虎」のような獰猛な要素があり、それの扱いに手を焼いていました。
(のちにそれはセクシャリティの塊だと判明)

血気盛んで情念的、体力・エネルギー、猛獣のような攻撃性、いつまでも青臭いような部分。

明らかに一般的でない自分を人と比べては落ち込み、それらがすべて自己攻撃に使われていたために、私は心身ともに疲れ果てていました。

「ここは話しても安全な場所だ」

そんな変わった自分をさらけ出すのはためらいましたが、ミキさんに話せたことで、「ここは話しても安全な場所だ」と感じられ、問題の半分は解決したようなものでした。

(取扱注意!とレッテルを貼り、無きものにしようとしていたセクシャリティをなきものにしない → そこにあることを認める → いつの間にか自分のいいところ、として見れるようになるまでに。)

しかも、ミキさんは私が重くてどんよりと思っていることも、ケタケタと笑ってくれる軽さがあって、それに何度か助けられました。

自分のセクシャリティに関して、ほの暗いどんよりと湿った世界があるわぁーって人、

自分の考えのネガティブさに沈んでしまいそうな人は、そっとミキさんに話してみるといいかもしれません。

明るく笑い飛ばしてくれることでしょう。