自分史上最大のピンチは、人生の変わりドキ

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール


「人生の変わりドキ」サポートの
スペシャリスト

安田 未稀

(やすだ みき)

 

岐阜県出身。
上場企業の顧客対応部門で、300人を超える部門長まで勤務した後、人生の苦難が重なり、退社。

その過程で、カウンセリングに出会い、自身も2006年より「カウンセリングサービス」にてカウンセラーに。
トップクラスのカウンセリング&コーチング実績を重ね、2017年12月末退会し、独立。

大人の結婚・恋愛問題(浮気、不倫、離婚、夫婦問題等)と、仕事・生き方などに関する相談を得意にしています。

特に恋愛については、浮気や不倫を「した側」の相談にも専門的に応じていて、女性だけでなく男性からの相談も少なくありません。

一般的な善悪や価値観よりも、あなたに寄り添い、今ある感情や置かれた状況をあなたの視点から紐解いていきながら、カウンセリングをしています。

そのことが、ご自身の力で幸せになるスタートと考えているからです。
また、より安心して、何でも話していただけることを大切にしています。

「ここだけの話」をぜひ聞かせてください。

 

経歴

岐阜県出身、広島大学教育学部卒。

教師だった親に反発して家を出るが、なぜかやはり教育学部に進む。

卒業後、当時、女子大生人気企業ランキング上位だった(株)ベネッセコーポレーション(旧 福武書店)へ総合職として入社。
筆記試験は最低のくせに、面接でユニークなキャラクターと対人コミュニケーション能力を買われてしまう。
そのエピソードは、新卒採用の企業案内パンフレットに掲載されるほどだった。

その後、子会社の設立に携わり、大阪コールセンターにて、社員・アルバイトスタッフ総勢300名を超える部門長として、「人を動かす」ことがすべての職場でマネジメント経験を積む。
企画・組織変革などのプロジェクトリーダーも経験。
その後、専業主婦・フリーランサーとして種々の業務に従事。

離婚歴あり。

岐阜→広島→岡山→大阪→東京→大阪→岐阜 と流転の人生の結果、方言はマルチリンガル。

あれほど親に反発したが、なぜか「先生」と呼ばれることもある仕事が天職となった。

 

カウンセリング活動歴

公私とも様々な経験豊富で、「頼れる女性カウンセラー」として、多くのお客さまから信頼をいただき、名古屋地区はもちろん、カウンセリングサービスにおいてトップクラスのご予約をいただく。
のべ4000件以上の実績を誇る。

2017年12月末で退会。フリーのセラピストとして活動。

男女、年齢関係なく、ビジネスパーソン、主婦、自営業者、経営者・エグゼクティブのプライベートカウンセリングまで幅広いお客さまに対応できるキャパシティを持つ。

大人の結婚・恋愛問題、(浮気、不倫、離婚、夫婦問題等)と、仕事・ビジネス・生き方などに関する相談を得意にしており、特に恋愛については、浮気や不倫を「した側」のサポートに定評がある。

従来のカウンセリング、コーチングの範囲にとどまらず、ヒーリング、コンサルティングをミックスしたオリジナルのセッションを提供。
本質的・抜本的な心の変容をもたらす、深いセッションとなっている。

お客さまには丁寧に向き合うひたむきな姿勢と、ユニークなキャラクターで、リピートするお客さまが絶えない。

「気が付けば大きく自分自身が変わっていた!」というお声をいただくことが多い。

カウンセラー・セラピストの育成を通し、活躍のステージを広げるサポートも好評で、信頼も厚い。

 

私がカウンセリングを受けたきっかけ

残業や休日出勤、単身赴任もして仕事をこなし、キャリアを積む。子供を持つかずっと悩み続け、産んだら失うものが多いし・・・と迷う日々。

女性としての生き方を封印して、男性的な生き方を選んできた自分に、疲れ切って、退職。

専業主婦になったのですが、以前のように収入のない自分が価値のない人間かのように感じ、自分をどんどん責めていました。

いつも頑張らないといけない、何をやっても成果を出さないといけない、さぼることは許されないと思い込んでいたのです。これは私が幼いときからずっとでした。

夫とはずっと仲の良い夫婦だったのですが、ある時期から擦れ違いが・・・

カウンセリングを受け始めました。

 

カウンセリングで気づいたこと・変わったこと

小さいときから、人に甘えず、なんでも自分一人でやる。
女性的なものを封印。

そんな私が唯一、甘えて、女性であることを感じられるのはパートナーである男性といるときだけ。
だから、誰と交際しても、いつもパートナーにだけ依存する、重たい女になっていました。

 

パートナーには怒りもぶつけ、傷つけることもありました。
それを悪いなぁと思いつつ、どうしようもなく止められなかったのです。

唯一、依存できる場がパートナーですから、それを失う怖れに耐えきれず、次の候補を見つけてから別れる準備をする、という三角関係のパターンも持っていました。

カウンセリングを受ける中で、

・親にうまく甘えられなかったこと
・親の前で女の子として振るまえなかったこと
・もともと自分が大嫌いで、いつも周りの人に私の価値を見て欲しい、と渇望していたこと

未消化の課題を持ち越したまま大人になり、いつもパートナーとの間で問題を作り出していたことを知りました。

そして。
カウンセリングを受けながら、

本来の自分らしさや自分の魅力に気づいて受け入れる。
女性として生きていく人生にOKを出す。

これができるようになったたことが、大きな変化でした。

 

こじれた離婚問題と転機

私がどんどん変容していく過程で、夫との関係維持が困難となり、離婚を決意。
ずいぶん悩みましたが、カウンセラーのサポートを受けながら、決断を下すことができました。

ただ、夫とは折り合いがつかず、離婚裁判に

そんな中、子宮頸がんにかかっていることがわかりました。
離婚がまとまらない中、がんになったこともですが、子供を産めない身体になることは、離婚後のすべての希望を失うほど辛く悲しい出来事でした。

ところが。
手術後、膠着していた離婚問題があっという間に終息し、和解離婚しました。

 

カウンセラーとして心がけていること

今となっては、キャリア、離婚、ガン・・・・様々な試練を克服したことがすべてパワーの源。
そしてその後、思ってもみなかったたくさんの喜びと幸せが手に入ったことも、お客さまへの思いを支えてくれています。

どんなお客さまの中にもある、「本来のその方らしい姿」を見失うことなく
「”自分らしく、楽に、幸せになれる”力を、お客様が自ら引き出せるよう応援させていただく」

そして、
お客さまが
「”自分らしく、楽に、幸せになること”を諦めないカウンセラーであること」

これが私のスタンスであり、モットーです。

 

カウンセラー仲間が語る、安田未稀

カウンセラー仲間からは
「いくつになっても、子供のようなピュアなハート」と、「大人の成熟さ」を両方持っている、不思議で稀有な存在、、と言われています。

また、タブーや制限にとらわれない開放的な雰囲気で、「なんでもあり!」「ありのままの私でいい!」という許可を出してくれるとも。

表裏がなくて嘘のつけない性格だからかもしれません。

 

 

お気軽にお問い合わせください

LINE,Facebook友だち追加歓迎!
ご予約・お問い合わせにご利用いただけます

友だち追加

  • facebook

2017年12月末までの旧ブログ

PAGETOP
Copyright © 名古屋 心理カウンセラー 安田未稀 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.