こんにちは。

今日はよくあるご相談で「別れ方」「手放し」に関して。

理想は「愛と感謝」だけど

相手と別れ話が出たとき。

相手と別れるとき。

手放しの理想は、

愛と感謝を送ること

とよく言われます。

さらに言うと、

愛と感謝、だけ、

にできるとしたら、

とてもすばらしいと思います。

でも、

愛と感謝、だけ

にすることができないことの方が
多いと思いませんか?

大好きだった分だけ、
恨みつらみ憎しみもあるでしょう。

それってすごく人間的な感情だと思うのですね。

憎むのは愛していなかったから?

愛というのは見返りを求めないことだとはよく言います。

きっとそうだと思います。

でも、100%そう思える人っている人ばっかりじゃないし。

別れるとき、別れた後に、

あんな奴、死んでしまえ!

苦しめばいい!

って思ったとしても、

果たして
愛していなかったのでしょうか?

愛していた部分もあったと思うのです。

それに、

愛憎という言葉があるように

愛と憎しみって表裏一体なのかもしれません。

大好きすぎて反転したときに、憎しみも大きくなる。

その感情ってとても苦しく切ないものですよね。

大好きな分だけ同じエネルギー量で憎しみも大きくなると思うのです。

愛情が深いゆえの苦悩

私が思うにですが、

愛情が深いからこそ、

100%相手を愛と感謝だえけで手放せすことができないし

憎しみの感情が出てきてしまう自分に
苦しむのだし、

なんてちっぽけな人間だと呪ってしまうのだと思います。

そして。

そんな自分が嫌で、さらに一生懸命
愛そうと「苦しむ」のだと思うのです。

別れるときに、

愛と感謝に満ちた別れ方=ロマンを求めてしまうのは、
100%愛せない自分へのくやしさでの表れかもしれません。

きっとお付き合いしているときでも、
慈愛100%の自分であろうとしたのかも。

だから別れるときも
パーフェクトさを自分に要求しようとしているのかも。

そして。
誰よりも何よりも、
自分を大切にすることを二の次にしているかもしれません。

全国どこからでも
オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)
あなたの「その悩み」には
「自分だけの真実」があります