問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【パートナー・配偶者がいて浮気・不倫中 No.35】夫(彼)と、浮気相手の彼を足して2で割ったらちょうどいいのに、と思うとき。

こんにちは!
名古屋・岐阜で、
パートナーシップからビジネスまで
ドキドキ人生にする!
カウンセリング&コーチングの
安田未稀です。

さて、今日は浮気・不倫している当事者がよく感じること。

「パートナー(夫・彼)と、浮気相手の彼を足して
2で割ったらちょうどいい感じなのにー!」

って思うことがありませんか?

 

パートナーには「A」(例えば、やさしさ、安心)をもらえている。
浮気相手には「B」(例えば、楽しさ、ワクワク)をもらえている。

でもパートナーは「B」という要素がないし、浮気相手には「A」という要素がない。

あーあ、だから「A+B」を兼ね備えた人がいれば、最高なんだけどー!

ってことですよね。

だから
どっちかを選ぶことなんてできないし、

両方ないと困るし・・・
両方とも別れられない・・・・

となるわけですが。
これ、ライトな浮気・不倫ではなく、
本気の場合ほど多いような気がします。

パートナーも好き、浮気相手も好き、どっちも好き。

だから悩む。

こういう場合、どうしたらいいのでしょうか?

 

なぜ、パートナーからもらえていないんだろう?

パートナーからは「B」という要素をもらえない
という絶望」があります。

心は、もう無理ーって思っちゃってるんですよね。

でもそれって本当にそうなのか?
まず、ここに向き合う必要があります。

順番としては、まずパートナーの方です。

なぜかというと、
パートナーありきの状態で、浮気相手を選んだから、です。

パートナーから「B」の要素をもらえないと思ってるけれども、
もらえるような関係を作れていないことも結構あるんです。

例えば、
浮気相手の彼の前で、出せちゃっている「かわいい女の子」の部分、
それを彼は「かわいい~♪」
と、ヨシヨシしてくれるから、大好き。

けど、パートナーの前では出せてないよなぁ、
そんなふうに振るまうどころか、
お母ちゃんになっちゃってるし、
とか。
ヨシヨシなんてしてくれないしなぁ、とか。

じゃあ、なぜそうなっちゃっているんだろう?
そこには何かしらの原因があります。

まずは、あなたの中にある、

パートナーに対する「絶望」を見つめることから始めてみませんか?