問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

感情は分かち合うことができる

カーペットを敷きました

今日は、畳の部屋にカーペットを敷きました。

抗菌・防ダニシートを敷き、

その上から塩化ビニール製のカーペット。

木目がめちゃくちゃきれいに再現されているので、ぱっと見、フローリングみたいです。

これが、複数のカーペットを合わせるために
カットしてあわせて・・・で
数時間以上かかりました。

2人ともぐったり。

後で、
ジュンが言いました。

「1人だったら絶対に嫌で投げ出したくなる作業は
2人でバカ話をしながらも、やり遂げられる」

と。

昔からよく言われることですが、
悲しみは半分に、喜びは倍以上になる、

というのは
パートナーシップの本質をついているかも。

感情をシェアする

作業と同様に、
実は感情も分かちあうことができます。
感情って目に見えないけどエネルギーですから。

つらいことがあるとき、話をしてスッキリするのは
つらいという感情を
1人で抱えず、
複数でシェアするから、なんですね。
(そもそもこれがカウンセリング)

その逆で、
楽しいことで盛り上がるのは
これも複数でシェアするから。

抑圧した感情は周りが感じる

感情には、
「抑圧すると周りがその感情を感じる」
という法則があります。

これ、めっちゃ使える法則なので
ぜひ覚えておいてくださいね。

もし分かち合うことなく、
とりわけ、
つらい感情を本人が抱え込んでいるとしたら
周りの方が苦しくなります。

例えていうなら、
実は全身傷だらけなのに
笑って
「ボク、平気ですから!」
と言ってる姿を見たときに
こっちはどうでしょ?

こっちの方が見てて痛くなりませんか?

だから、あなたが1人で抱え込んだり
本当の気持ちを隠していると
周りを苦しくさせてしまうのです。

「こんなみっともないこと・感情を人に伝えるなんて、とんでもない!」
「言いたくない」

って思いがちなんだけど、

残念ながら、あなたが隠しているその感情、
周りには漏れてますからー!

それに、
話してもらった方は以外と迷惑でもなんでもないんですよ。

特に(昭和と平成初期の)男性の方。

男のロマンとか

男の美学とか

男たるもの

等、
かっこいい動機で隠しているその感情、

女には

「わかるけど、はぁ?!ですが?!」

が多いんですよ。

分かち合うことってすごく大事。