こんにちは。

「すいません」=「ありがとう」の日本語

これは私のライフワークともいえる、「受け取り」を追求している中で気づいたことを。

「受け取り」を表す具体的な感情や言葉としては、「ありがとう」「感謝(を伝えること)」だとよく言われます。


人からプレゼントもらったり、何かしてもらったりしたときに、口をついて出てくる言葉ですよね。

でも、日本語ではなぜか「すいませーん」と言ってしまうことってありますよね?

例えば、道で物を落として拾ってもらったとき、とっさに「ありがとうございます」よりも、「すいません」の方が先に口をつく人の方が圧倒的に多いと思うのです。


拾っていただくというお手数をおかけして、申し訳ありません、ごめんなさい。という罪悪感とともに、御礼と感謝が混在する「すいません」なんですよね。

時代劇で出てくる「かたじけない」もニュアンス的には近いのかもしれません。

このように、言葉にも、すでに、謝罪と感謝が混在している日本語文化圏ということもあった上で、なのですが、

「受け取り」と「罪悪感」がくっついている、ということがあるなぁと思うのです。

「受け取り」と「罪悪感」

例えば、私の例ですと、離婚して実家に出戻ったわけですが、

両親には、すべてを失った私を迎えてくれたことに感謝しています。

ありがたいなと。

でも同時に、ですよ。

同時に、

申し訳ない。

が、湧きあがるんですね。

私が学んだカウンセリングのスクールでは、

感情って同時に複数は感じられず、一つしか感じられない、と習いました。


例えば、楽しいと悲しいは同時に感じられない、と。

でも私は、感謝と罪悪感を同時に感じます

時間差があるようには思えないんですよねぇ。


それはなぜか?を考えたら、

潜在意識的には、感謝と罪悪感がくっついているので、同時に感じるのだと思います。

ということは、
スクールで学んだように、
もし、本当に感じられる感情が1つだけだとすると、


この感謝と罪悪感がくっついている感情は、「×××」という別物の感情で、違う名前を付けた方がいいぐらいの、感情かもしれません。

違いを呼び覚ます

でも、そんなポジとネガが混在した複雑な感情は、
気分がいいかというとそうでもない。


だったら、ポジにひっついているネガ感情を切り離した方がよさそう。
なので、
「感謝」と「罪悪感」の違い。
「受け取り」と「罪悪感」の違い。

を潜在意識に教える方がよさそう
だし。(ダウンロードと言います)

まぁ罪悪感って完全にはゼロにはならないのが人間なのですが、弱めていけたほうがラクです。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)