こんにちは!

私たちのお仕事って、
ほとんどが
人間関係に問題がある、不安があるからこそ

のご相談がほとんどです。

相手の気持ちや言動が理解できなくて、
心理的にどういう意図があるのか
知りたい、

これめっちゃわかります。

そのために
心理学を学んでみたり
ブログ読んでみたり
するわけですが、

実は

相手の心理分析をすることは
自分を正当化するため

ということが多々あります。

相手が悪くて
私悪くないよね

ということです。

これ、私が学んだ心理学&カウンセリングの先生が言っていました。

実際、私は先生からそう指摘されて、

いや、そんなこと言ったって
あんたが心理を学べと教えているんだろ?!
と突っ込みたくなりましたが(笑)

 

 

私のセッションでも、
相手の気持ちを知りたいというお客さま

その焦る気持ち、不安な気持ち
めっちゃわかるし、

知識を使ったり
リーディング、チャネリングをして
分析したり想像したりすることもあります。
あります。

が。
このご質問が続くときは、
あえてお答えしないこともします。

 

一つは、
本当のところは
私にもわからないから。
(正しいかどうかは当人以外誰も判断できない)

↑身も蓋もない話ですが。。。

まぁだから占いとか霊視で
見てほしくなるので、めっちゃ気持ちわかりますよー。
私もやってもらいましたもん。

 

もう一つの理由は、
お客様が欲しい答えじゃないと
不安は解消できないから。
これは占いや霊能者との付き合い方ブログにも書いたのと同じです。

 

そしてもう一つの理由は。
これがいちばん大事なのですが、
自分不在になっちゃうから、です。

この業界?に足を踏み入れてから
早17年がたちますが

自分の経験も踏まえて思うのは、
自分を正当化するかどうはさておき、

他人の心理分析ばかり注力すると

自分の心理を見つめるのにおろそかになり、
本心を見逃しかねない

ということです。

自分にとっての真実が見えなくなるということですね。

はやりの言葉で言えば
相手の心理分析ばかりしているのは
他人軸で、自分軸ほったらかしーってことになります。

例えば、相手と関係を継続するか、どうするかという選択をしていくプロセスで、
自分の真実が二の次になると
全部相手(の気持ち・出方)依存になるので、

継続してもまた問題が起きてつらい思いをするのは自分。
別れることになっても自分が積極的に決めた判断ではないと後々尾を引く。

どっちに転んでも
自分にフォーカスして
自分の気持ちで決めていくというのが
とても大事だなとも思うのです。

これ、
えらそうに書いている私が
めちゃくちゃ苦手で

これで痛い思いをしてきているので
大変さがわかるだけに
心を鬼?
いや私的には菩薩のつもりで

あえてお答えしないことがあるんですよー。

なので、

自分にとっての真実を見つけよう!

が私の中ではキャッチーになっているのです。

 

 


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)