こんにちは。

カウンセリングでいちばん嫌な言葉は・・・

カウンセリングの世界には、

投影という嫌な言葉があります。

ホント

嫌な言葉なんですー。

目に映るものはすべて自分のフィルタを通していて、
すべて自分の内面が反映されている

というのですからー。

例えば。

あなたがパートナーに不平不満がある

とか、

あなたがパートナーのアラとして目につくところがある

と言う場合、

実は

全部

それ自分自身のことですよー

って言われたら

めっちゃ嫌

じゃないですか?!!!

彼の姿は、実は自分の心の内を見せてくれているとしたら?

例えば、パートナーの彼が

人を信頼しているように見えない

のであれば

自分自身が

人を信頼していないところがある

ので、

彼のことを、

彼って人を信頼していない、

と感じるわけです。

実のところ、
彼が本当に人を信頼していないのかどうか?

それは彼本人でないとわからないことです。

つまり。

信頼していないように見えるのは

あくまでも私、

なのです。

あくまでも

私自身の感情。

私自身のもの

なので

彼が見せてくれている姿が

私の感情のあらわれ、だとしたら、

・・・・

ギャー!

実は、人を信頼していないのは

私でしたー。

ということに

気づいてしまったりします。

(これを、「投影を取り戻す」と言います)

投影って、本当、つらい言葉です。

(明日に続く)


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)