変わりたくないし、変わる気ありませんも立派な結論

こんにちは。

カウンセリングやセラピーなどのセッションを受けると

大前提として、

自分は変わらなければならないとか、
変わるのが癒しだ
と思っている方がとっても多いと思います。

でも、私はそうじゃないと思っています。

変わらなきゃいけない
って思う時点で制限であり、

ストレスですもんね?!

 

確かに自分が変わらないと、何も現実が変化しないこともあります。

例えば、対人関係全般、パートナーとの関係、親子関係など
相手が変わるかどうかはわからないので
変えたければ自分が変わるしかない。

というのがこの手の(この手ってなんだ?ですが)癒しの基本的な考え方です。

でも、変わりたくない、もありだと思うのです。

変わりたくない、変わらないことの結果は
自分でよしとできるし、わかっているしなら、
全然OKじゃないかなって思います。

しかも、

「私は変わりたくない」を受け入れられた

のならば、

以前の

「変わりたくないを受け入れられない」自分と変化しているので

変わっている!

んです。

これ、実は十分大きな変化なんですよね。

これが、気づかない方は結構多いんですが・・・

すごいことなんですよ。

 

はやりの言葉でいうと、自己肯定、自己愛ですよね。

だって私変わりたくないんだもーん、変わりたくない自分にOKする!って。

変わらない自分なんてダメだなぁ、と自分を責めることから脱出できたわけだし。

すごい変化が起きているわけです。