パートナーを助けたい・更生させたい・立ち直らせたいのワナ

好きになる人やパートナーが

いつも問題だらけ

 

という人いませんか?

 

例えば、

仕事上のトラブルがある
仕事を失う
就職先が見つからない
借金がある、
離婚の傷から復活できていない
友人とのトラブル
ギャンブル・趣味に多額のお金を使う
アルコール
DV
浮気

など。

 

あるいは、

問題という問題ではないけど
何か心の中に闇だったり
痛みを抱えている人だったり
そういう人が気になる、

とか。

そして、こういうタイプの人に出会ってしまうと、

助けたい、立ち直らせたい、更生させたい

という思いが湧いてくる。

もちろん、

助けたい、が悪いわけではないけれども、

助けたい症候群の男子・女子がちょっと立ち止まって考えてみたほうがいいことがあります。

 

それは、

助けること、立ち直らせることで、

自分の存在価値を感じたくてやっていないだろうか?

そして、

相手にとって唯一無二の存在になろうとしてないだろうか?

ということです。

 

結構、張り切ってやっているので、

相手にとって、

神様、女神様になろうとして、

いい人・いい男・いい女であろうとする。

物わかりのいい人になる。

いわゆる、都合のいい男、都合のいい女になってるってことなんです。

 

その間、自分の欲求は二の次で、抑え込んで我慢もする。

だって、今の相手にはそれを伝えても、難しそうだし、

傷つけるかもしれない、嫌われるかもしれない、別れるかもしれない、

から。

 

こういう関係は、

結局、我慢と犠牲の上に成り立っているので

どこかでひずみがきて

継続するのが難しくなります。

 

※犠牲も愛の一つの形ではあるんだけど・・・・

そういう相手を選んでしまう人には、

こんな自問自答をおすすめします。

 

相手が立ち直らなくても、相手のことが好きでいられる?

そのままずっとパートナーでいられる??

相手が問題を克服したり、立ち直った場合、怖れていることは何?