この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

自分を大切にするキャンペーン(2)あんな扱いを受けることを許してきたのはなぜ?

こんにちは

自分を大切にするキャンペーン。

 

昨日は

「どうしてあんな扱いを受けなきゃなんないの?」

という怒りからまずOKを出しましょうというお話でした。

 

じゃあ、そもそもなんであんな扱いを受けることをヨシとしちゃったんでしょうね?私。

というお話です、

 

これはちょっと根底にある

すごいすごい深いところの話なのですが。

 

そもそも

「生きててごめんなさい」
「生まれてきてごめんなさい」

 

という罪悪感が強すぎるから

だと思うのです。

 

人間の原罪ともいわれ、キリスト教ではアダムとイブが禁断の実を食べて人間になったところから
始まっているとも言われますが。

 

でね、これが強すぎるから

そもそも生きてていいとも思ってないし

存在価値があるとも思ってないし

当然、自己肯定感なんて薄いし

自分を大切にできないし、

 

じゃあこれどうしたらいいの?

ですよね?

 

で、ここは私も長年ライフワークのように取り組んできたのですが、

こんな深い罪悪感は取り組んでも取り組んでも
なかなか軽くはならず

そもそも罪悪感なんて人間である以上ゼロにはならず。

なので、この罪悪感をなんとかしようとするのは
やめた方がいいという結論になりました。

生きてていい
なんて思えるようになるなんて

なかなか大変。

中にはパートナーに恵まれたり
子供を授かったことでこう思えるようになる人もいると思うので、

無理ではないとは思うんですよ。

でも、そんなイベントがない人でもできることと言えば、

自分を大切にしていくことを積み重ねる中で、
相対的に
生きててごめんなさい罪悪感が小さくなってきたらいいし。

罪悪感の支配に身を任せると、
辛いことばかりが起きるので、
自分を大切にするための選択をし続けていくことで
回避できたらいい

 

そう思うようになりました。

じゃあ、自分を大切にするための選択ってどうやってやるの?何をするの?

は次回に。