この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

あらゆる不安・怖れに支配されてしまういま~先輩のメルマガをご紹介します

こんにちは

新型コロナウィルスの感染が身近にも拡がり、
いよいよだなぁと思っている方も多いのではないでしょうか。

今日は私の先輩で、

「才能心理学協会」の北端康良さんのメルマガを

転載させていただきます。

科学的なコロナ対策は必要ですが
どんな風に「心」を持つといいのか?

というお話です。

何かの参考になれば。

 

「コロナに振り回されないコツ」

 

こんにちは、才能心理学協会の北端康良です。

4月に入りましたが、この1ヶ月コロナのせいで心身ともにくたびれている人もいるかもしれません。

メディアでは
・学校はいつ再開するのか?
・非常事態宣言が出るのか?
・ロックダウンされるのか?
・外出禁止令が出るか?
・職場に行けなくなってリモートワークになるのか?

など連日報道されたので、落ち着かない日々を過ごした人も多いと思います。

「いつどうなるのかわからない」状況になると、不安が掻き立てられ、主体的な生き方ではなく、反応的な生き方になりやすくなります。

けれどコロナが収束しようがしまいが、変わらないことが1つだけあります。 それは私たちは生きていくということ。 これは変わらない真実です。

生きていればリストラに合うかもしれないし、破産するかもしないし、病気になったり、離婚するかもしれません。それでも私たちは生きていきます。 今はそれがコロナです。

生きることは予測不能なリスクの連続です。 けれど、何があっても生きていく。 それは誰にとっても変わらない真実です。

だから「何があっても乗り越えて生きていく」という決意があれば、起きることを受け止め、前を向いて進むことができます。

こんな時、支えになるのはコア・コンセプト。何があっても変わらない自分軸としてのコア・コンセプト(価値観)があれば、自分らしく生ける。

そしてコア・コンセプトで共感しあえる家族や仲間がいれば支え合っていけます

想定外の危機が起きると、不安にもなります。 感情的になって自分らしくない行動をとってしまうこともあります

そんな時でも、コア・コンセプトがあれば自分に戻ることもできます。

非常事態宣言がいつ出されるのか?とやきもきするよりも、自分のコア・コンセプトにフォーカスして今できることをする。

自分らしく生きること。
自分らしく働くこと。
自分らしく誰かを助けること。

この状況でそれを積み重ねれば、必ずあなたの生きる力は強くなる。 そしてコロナが収束した時に、飛躍する力がついているはずです。

それを信じて一緒に乗り切っていきましょう!