問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

カウンセリング・セッションでつい感情を引っ込めてしまうわけ。

こんにちは!

「普段は感情がよく出るのに、
カウンセラー・セラピストの前だと、
なぜか緊張しちゃうんです。
感情が引っ込んじゃうんです」

という場合のお話です。

私たちは、誰かの代わり、だったりします。

カウンセラー・セラピストというのは
お客さまから見たとき、

「権威的な人の代わり」

をしていることがあるんですね~

ここで言う、「権威的」と言うのは、
立派な人!!という誉め言葉的な意味じゃなくって。

自分から見たときに、

親、上司、先生と名の付くような

「目上」と感じる人、という意味です。

 

親との関係はどうでしたか?

で、「権威」と言えば
まず「親」なので、
例えば、親との関係が
そのままカウンセラー・セラピストとの関係に
反映されることがあるんですよね。

 

なので、
カウンセラーの前で、
緊張しちゃうとか、
感情がでない
とかいう場合は、

親ともそうじゃなかったですか?

って思うのです。
どうでしょ?

私自身、長女ということもあって
親の前でうまく感情を出すのが抵抗があって
特に、泣き言は苦手。

失敗したーとか恥ずかしいこと、
辛いことを出すのはホントに苦手。
特に父親より、母親が

ダメでしたよ。

何せ、こういうタイプの人の
母親も、
また弱音を吐かないタフな人
だったりするので、
こっちが出そうものなら
こっぴどく叱られたり、反論されたり
するので、
ますます出せないんですよねー。

男性の場合ですと、
男の子は泣くもんじゃない!で
育てられている(そういう風習)
なので、そもそも
出せない場合も多いですし。
(男の人ってだから、
自分の感情に触れるのも
触れられるのも苦手なんです)

なので、まず
セッションでは、
私はおかーちゃんじゃないので、

安心して出せるように
お客さまをぐつぐつ煮たり焼いたり・・・

いや、そうじゃないのですが、

(本当だけど)
それを考えてやっています。

イメージを使って
感情を表現する練習をすることもありますし、

また実際の両親に対して、
本当に感情を表現してみる
ことも宿題としてお出しすることも
あります。