問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

感情に関する法則(3)感情は一人で抱えるより、分かち合った方がいい

こんにちは!

今日は作品のレポートがありません(笑)
ので早速、
昨日の続きで
感情に関する法則3つ目を。

感情ってエネルギーなんです。

私たちって、
つらい時って話を聞いてもらいたいなって
思うことがありますよね。

これって、「話す」ことで
「感情の分かち合い」をしているんですね。

「感情」ってエネルギーなんです。
なので、このエネルギーを、
みんなでシェアできるわけです。

このバームクーヘンの写真みたいに、
分かち合うことで、
苦しい感情を分割して担当するから、
自分1人で持っているよりラクになれます。

↑これがカウンセリングの基本。
話を聞くだけじゃないところが
私が所属したカウンセリングサービスの
カウンセリングスタイルで
私も踏襲しています。

 

だから、1人で抱え込まない

私たちセラピストは
1人で抱え込まないで!
とよく言うのは
この感情というエネルギーの分かち合いの
効果を知っているから、なんです。

分かち合うことで
新しい化学反応が起きるかもしれない。

つらいことも
乗り越える術が見つかったり。

特に、「自立」と呼ばれる
何でも自分でやってしまうタイプの人は、
人をあてにする、ということに
遠慮があって苦手。

なので、なかなか人に話せないし、
話しても
「迷惑かけちゃったなー」
と、罪悪感にハマる。

そこでまたぐっと苦しい気持ちを抑える。

ただ、

昨日の法則(2)で書いたように
「抑圧した感情は周りの方が感じる」ので、
あなたを観ていて、苦しくなる。
(なので遠ざかる人も出てきてしまう。それを、嫌われたと誤解しちゃうんですが)

だから、苦しい感情は
ウンコのようにガマンせず

自分の中にあるものを外に出そうとすること。

誰かと分かち合うこと。
(友達もプロもあてにする)

がお勧めなのです。