問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「~しなければならない」「~してはならない」は心の制限なのです。

こんにちは!

今日は「心の制限」のお話を。

 

心の「制限」とは

「~しなければならない」
「~してはならない」

と思っているものは、心の制限です。

制限があると、苦しいし、生きづらさの原因なります。


もちろん「制限」のすべてが悪いわけではありません。

公序良俗に関するもの、法律上に関するもの、

例えば
「赤信号で止まらなければならない」

確かにそうです。
社会の秩序を維持するために
一定のルールは必要ですよね。

今日、お話しする「制限」とは
自分自身の生き方を縛るものです。

 

「制限」を外したらどうなりそう?

例えば、
「親の望む人生にしなければならない」

と思っているとします。

これ、制限なんです。
(中には当然すぎて、制限だと気づいていない人もいますが)

この制限を外したらどうなると思いますか?

多くの人は

親の望む人生とまったく違う人生を選んで
とんでもないことになってしまいそう

と思っちゃいますよね。

でも、実はそうじゃないんですよね。

この図を観ていただきたいのですが、

 

「親の望む人生にしてもいいし、しなくてもいい」

なんです。

自由と選択がある状態なんですね。

結構、ここ、目からウロコなところ・・・

 

なので、

親の望む人生を、ねばらならない、ではなく
自分の心からの選択にすることもできる可能性があります。
(つまり、自分の望む人生、として選択可能)

あるいは、
親の望む人生と、異なる人生を選ぶこともできます。
しかも、それを罪悪感なく選べることも可能になります。

 

更に。
じゃあこの自由な世界を手に入れたとして、
どんな人生にしたい?

と、ビジョン、目標、理想、夢・・・を持つことも可能です。

自分がどうなりたいかわからない
やりたいことがわからない

という方は、
そもそも、心に制限がかかっていて
自由に描ける世界を知らないので、
何も思い浮かばないということもあります。

逆に、ビジョン、目標があるのに、その通りにできない時は
何かしらの制限がある、ということになります。

 

「制限」を見つけてみよう

自分が何かしっくりこないなーとか
問題を抱えているとき。

問題そのものが制限になっているときもありますが、
更にその問題を作り出している心の制限って
なんなのか?

掘り下げてみるといいと思います。

ポイントは

「~しなければならない」
「~してはならない」

で表現できるもの、です。

 

ただし、注意点があって、

「幸せになってはならない」
「豊かになってはならない」

など、漠然と大きな対象よりも
もう少し具体的なものを見つけるといいと思います。

例えば

自分にとっての幸せが
パートナーを持つことなら
パートナーシップに関してどんな具体的な制限を持っているのか?を考えてみるということです。

「女性から男性に声をかけてはならない」
「男性には尽くさなければならない」

とか。

 

「豊かさ」に関しては、

「お金持ちになってはならない」
これでは、大きすぎるので。

「収入が2倍になってはならない」
など、ブレイクダウンするといいですよ。

なーんだこんなことを思っていたのかー
と、気づくだけで
制限が外れちゃうこともあるけど、
難しいものは
外せますので、
ぜひ個人セッションをお受けください。