問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

親のために結婚すると、自分のために離婚する

こんにちは!

やっぱりクラフトワークしかしていないように見えると思いますが、

本日の作品はこれ。

フランスの「レ・トワール・デュ・ソレイユ」の
ハギレ生地を使ったミニバッグです。

これは、お財布・スマホを入れて、ちょっとそこまで買い物だったり
このまま大きなバッグに入れちゃいます。

裏地は、USAコットン。日本にはなかなかない柄があるので、USA製で探すのはお勧めです。

 

さて、前回の記事に関連した話です。

親のために結婚すると、自分のために離婚する

これは、私が学んだスクールの社長がレクチャーで言っていたのですが、

「親のために結婚すると、
自分のために離婚する」

 

これどういう意味かと言うと、
結婚するときに、

親が喜びそうな人だから
親が求める条件だから

で、結婚すると、

自分がもう耐えられないから
自分が相手を嫌だから

離婚することになる、

ということなんです。

 

親のため、の中には、
こういう「家のために」の含まれます。

私の周りでも実際にあるのですが、

田舎の土地・田畑もちの長男。
どう見ても、女性にモテて
困らないタイプ。

けれど、親が望むような条件を
兼ね備えた女性と
お見合いで結婚。

月日はたち
子どもたちも成人したら、

「もう耐えられないから離婚したい」

となったのです。

他にもこんなケースがあります。

田畑持ちの長男・長女通しのカップル。
長女の方には男兄弟がいないため
養子をとることが条件でしたが
相手も長男なので無理。

泣く泣く別れて、女性の方は
お見合いで結婚したけど、
合わなくて即離婚。

その後、元カレと再会。

田舎は周囲の目もありますから
離婚した娘を
もらってくれるならどうぞ!
で、養子にもらう話どころではなく
相手先に嫁ぐことになりました。

このケースは、一度
親・家のために結婚し離婚
というプロセスを経て
自分のために結婚を実現したんですね。

自分のために結婚しよう

親思い・家のことを思うやさしい人ほど、
親・家が望むような結婚をしないと
悲しませ、不幸にさせる、
と思っています。

でも、そうではなく
本人が幸せでないと
親、家、ご先祖様は
みんなうれしくないんですよね。

だから、
自分のために結婚する

自分のための結婚なら
何か結婚生活で困難があっても
自分が選んだ相手と結婚だから
自分のために頑張れる。

でも、親や家のために選んだ結婚と相手だと、
なんで自分が・・・怒
となるし、
頑張れないし
頑張ったところで、ストレスもたまる。

自分の人生を生きるために、
培ったものを壊す、手放すことになるのなら
最初から
自分のために人生の選択をする方がいいですよね。