問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「愛をもって20%で発揮」だと、無限の可能性がある。

こんにちは!

今日もプチ作業をしました。

100均のかわいいペンキです

もはや本業が
セラピストなのか?
クラフトマンなのか?

(セラピストも職人的な側面があるので
同じな気もするけど・・・。)

古いテーブルがあるんですが、
姪っ子たちのイタズラ書きとか
モロモロの汚れがついていたので、

ペンキを塗りました。

ダイソーの「ミルクペイント」っていう
かわいい色で塗れる水性のペンキがあるんです。

手についても取れやすいし、
扱いも簡単。

「スモーキーピンク」という色を塗りましたが、
他にもいろんな色があるのでお勧め!

 

80%を切り捨てないほうがいい理由

さて、本日のお題にようやく突入。

前回の話の続き。

(図を再掲)

 

左の方=80%を切り捨てるやり方
ではなく、

右の方=80%を切り捨てない方法

をなぜお勧めするかというと?

話をわかりやすくするために全体を100%としていますが、

実は、MAXが100%ではないんですよね。

なぜなら。

能力、魅力、可能性、気づき・・・には制限がないから。

 

80%を切り捨て、20%だけで生きていこうとすると。

その人にとっては、使えるエネルギーは
「20%分だけとなります。

この「20%分」が
その人にとっての「100%」になっちゃいます。

(意味伝わるかしら?!)

となると。

「もともとの100%」の存在を否定しちゃうし、
本当はそれ以上ある、ということも否定しちゃう。

 

例えば24色のクレヨン。
赤、白、青、緑の4色しか使わない場合。
残り20色を捨てると、
4色MAXのクレヨンセットになってしまいます。

4色だけしかない、という窮屈さを感じますよね?

そうではなく、、

他に20色あるけど使わない。
積極的に4色使う
本来20色含めた24色である、

全体を認識しておけば、

4色だけ使うとしても
色のチェンジが可能だし、

足りない色は、
追加して36色セットにしてもいい。

そんな拡張性があると思います。

なので、「切り捨てない」をお勧めしたいのです。