問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

昨日の「愛をもって20%で発揮」を実践した結果~お客さまの体験談

こんにちは!

昨日、図説した方法。

(どう呼んでいいのか、私もわからないんですが)
「愛をもって20%で発揮」方式
を実践された方の体験&感想です。

 

実践した方の体験談

80%を切り捨てていた時は、自分自身やその力を無理やり押し込んでいる感覚でした。

でも、「そんなことは私のやりたいことではないし、でもやらなきゃいけない」
になって・・・

そしたら、「お前らのせいで!」という強い怒りも出てきたのですが、それも押さえなければならず、すごく悪い顔をしていたと思います。
ところが、

「あるけど使わない。愛を持って、離脱する」

ようになってから、すごく自由で楽になってきました。
あんなにブリブリ怒ってた私の顔や空気が変わって、
周りには、ますます「不思議ちゃん」に思われてるなーって感じるし。
過去には、周りから嫌がらせみたいなこともあったし、
今もあるけど、

笑いながら、受け答えする私のことを
周りからは、
強メンタルだったり、不気味に見えるかも?

と、チラッと思いますが、

それも相手の感情の心配だし、私のすることではないなぁ…なんて感じています。
 

20%で発揮、をしてみて、
余裕ができて

「わたし、どーする?」
ってなって、
夢の達成に向け、その可能性試してみるか!と、なりました。
すると、今の仕事で必死にならなきゃ!みたいな
強迫観念のようなものもなくなり、
周りに対しても、さらに余裕が生まれ
目標ができて楽しいです。

なきものにしない

愛を以てして、
「80%」を使わない。
切り捨てるわけではないし、
なきものにするわけではない。
これが、あなた自身の能力・魅力・気づき、そして可能性を狭めないことになると思うのです。
私が昔、大型バイクに乗っていたときのこと。
ギアは6速まであるのですが、
日本の普通の街中では、2速で十分なんです。発進で1速ですから、1つ上げるだけですね。
排気量があるので、ちょっと吹かすだけで十分走れるから。
これでは本来のパワーを発揮できないので、楽しくない。

けれど、街中で走るにはこれ以上、
ギアを上げる必要も吹かす必要もない。これが環境と現実に適した自分のふるまい、
ってことになると思います。

だったら原チャリでもいいやんってことになるのですが、
大型バイクに乗れる自分、
好きなバイクを持っていること
って、最高にうれしくて、持てる力のちょっとしか使ってなくても
原チャリとは違うなんともいえない余裕とか喜びがあります。

ただ、ずっとこれでは、フラストレーションがたまるので、
ある程度スピードが出せる場所を目指して、
高速も走り、北海道や九州にも行きました。

これは本当に楽しい!
本来の持てる力を楽しみや喜びに使えるときって気持ちいいのです。
(それでもドイツのアウトバーンでも走れるバイクだったので、まだ余裕がありましたが)
もしこのバイクを3速以上に、
ギアを上げられないリミッターをつけていたとしたら
とんでもなくつまらないバイクになりますよね?
自分の持てる能力・魅力・気づき・可能性を
切り捨てる、諦めるようなやり方は、
もったいない。
持てる力の20%で現実に適合するために、
残り80%を切り捨てないこと。
それがあなたの魅力であり、あなたらしさ、
ではないかな?と思うのです。