問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

繊細で豊かな感性がありすぎて、生きづらさを抱えている場合~HSPかも?という方へ。

こんにちは!

今日は、カウンセリングの中で実際に使わせていただいたお話をご紹介させていただきます。

感受性が豊かである、がゆえの苦労

私のカウンセリングを受けてくださるお客さまには、こういう方が結構多いんですね。

●他者の感情にとても敏感で、何を感じているのか察することができる。
●他者の感情がいつも気になってしまう。
●他者の感情に翻弄され、疲れやすい。
●職場や所属する組織の構造的な問題に気づくことができる。
●また、それをなんとかしたいという思いがある。
●正義感が強い。
●仕事はハードワーク気味。
●頭がいいと言われる。でも自分では全然そう思っていない。
●他者のために尽くしたい気持ちが強い。
●他者が幸せになってくれるためならなんでもしたい。
●愛情深い。
けど自分自身は幸せにちょっと遠い。かといって今はダメなわけではない。
●いつも一生懸命。
●心のありようが体調に出やすい。

私は、こういうタイプの方は、
「宇宙人」と呼ぶことが多くて。

なぜなら。
地球で人間として生きていくには
あまりに繊細、敏感で、苦労も疲労も絶えない。

他の星からきた「宇宙人」だと思うのです。

「人間」の形をした「ヒューマノイド」
と言えると思います。
(※私が学んだアクセスコンシャスネス®における造語。アンドロイド=人造人間ですが、同様に、人間の形をした宇宙人のたとえ)

最近よく言われる
「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP:Highly sensitive person)」もこのタイプじゃないかなと思うのです。

感受性が豊かで繊細であるがゆえに、
周りの人間との付き合い方
人間関係の構築の仕方に、
苦労するのではないでしょうか?

割り切る=切り捨てる になっていないか?

あまりに繊細な感覚を持っているがゆえに、
それを封印しないと、やっていけない。

「人付き合いは、割り切ってやっていこう。
職場や組織等の中では、与えられた役割を淡々とやっていこう。」

という防衛手段を取ろうとします。

そうでないと自分の身が持たないので・・・

ですが。

私が気になったのは、
その「割り切り」「淡々」

「あきらめ」に基づくものか?

「愛」に基づくものか?

それによって(立ち位置によって)
同じことをやるにしても
全然異なる、と思ったのです。

意味わからないですよね?

で、図にしました。

「愛」に基づく選択を


↑クリックorタップすると拡大します。

本来、自分が持っている能力・魅力・気づき(のレベル)を100%とすると、
20%だけを使って
地球人として生きていくわけですが。
残りの80%を

「あきらめ」に基づき、捨てるほうが左の方です。

「愛に基づく」に基づき、あるけど使わないのが右の方です。

自分も他者も大事にするために、という愛の道
です。

具体的な行動は?

イラスト内にも描きましたが、
意識的にやることとして、下記の通りです。

●他者との適切な(適切に)距離をとる
●気づきがいろいろあったとしても、TPOに応じて言う・言わないの選択をする。
→この「TPOに応じて」が難しいのですが、判断に迷うなら言わない。
●他者の選択がたとえ愚かに見えたり、間違っているように見えても、その人の選択だから、と尊重する姿勢を持つ。
ものすごい能力を持って生まれてきたからこそ、
この地球で生きていくコツを
身につけていきましょう、ってことです。自分と他者を大事に生きていくため、に。