問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

手放し実践記(1)不要品をリユースしてくれる人に託す。

こんにちは!

今日は、引っ越しにまつわる「手放し」のお話を。

どうやって処分する?

引っ越しに伴い、いろいろと不要品がでますよね?

ゴミとして処分するのもありですが、

できればリサイクル・リユースしてもらえるのが、ありがたいですよね。

 

まず、ジュンの子供たちの学習机。

これは、次の家主さんのお子さんたちが使ってくれることになりました。

処分費用もかからないし、ありがたい!

 

次に家電。

ジュンが使っていた洗濯機と乾燥機が古くなり、処分するにも高いしなぁと思っていたら。

友達が「ジモティー」掲示板を薦めてくれたので、早速利用したところ。

「差し上げます」で出品したら、
すぐに引取り手が見つかりました。

もし、業者に処分を依頼していたら、
1万円以上はかかっていました。

お金が浮いただけでもラッキー!

うれしい「手放し」

次に、ジュンの子供たちが
部活で使っていた保冷箱や、
ウォータージャグも出品したところ。

「うちも子供の部活で使います!」
というご家族が引き取ってくださいました。

ジュンは、

「ゴミにならない上に、
物に詰まった思い出が引き継がれ、
新しい家族でまた思い出を
作ってもらえるのは、気持ちいい」

と、喜んでいました。

使っていたもの1つ1つにいろんな思い出があります。

まだ使えるのに・・・・というものはもったいない気がして、

捨てるのは罪悪感を感じちゃう。

リサイクル・リユースでは、それがないし。

なんといっても相手に喜んでもらえるとこっちもうれしい。

なかなかいい手放しでした。

そして。
どうやらジュンはここで、
「手放し」が楽しく、軽やかになってきた様子。

ガンガン手放しモードに突入。

どんどん潔く処分するようになってきました。

「手放し」には、やる気と勢いも必要ですね。

(続く)