この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

新型コロナウィルスへの対策~心理面・スピリチュアルな側面でのおはなし

こんにちは。

新型コロナウィルスで。

休校になったり、イベントの自粛、
経済面での停滞など、様々な不安・怖れが浮上していますよね。

科学的に必要な予防対策はとっていただいた上で

のお話なのですが。

心理的に、スピリチュアルな観点では
どう対処していけばいいのか?

ということについて書いてみたいと思います。

人間には、各個人の意識(自覚できない無意識も)ありますが、
集合の意識(自覚できない集合無意識も)あります。

ひとりひとりが怖れを強く持つと
それが集合(地域、国、世界・・・)全体の
意識となっていきます。

これはいろんなセラピストやスピリチュアル系の方が言っているのですが、

この状況下で
個人ができることと言えば、
「怖れを超えていく、怖れに翻弄されない」
ということになります。
(すごく大変なことではありますが)

ひとりひとりが大丈夫!と思うことが
集合の大きな意識を形成し、力になりうる、ということですね。

それをどこまで信じていけるのか?
ということなんだと思います。

ニュースを読み聴きした際に、

日々、怖れを増大させていくのか?

あるいは

予防対策の一環として冷静に受け止め、大丈夫!

という方を選び続けるのか?
それによって変わるということかもしれません。

ここは一人ではなかなかしんどいところですね。
つい怖れを増大させる方を選びがちですし。

あと、これも、チャンスとして
捉えるならなんですが
自分個人がもともと持っていた「怖れ」に
取り組むといい気がするんです。

対象が何であれ「怖れ」の感情は共通。

例えば、
一生独身だったらどうしよう、とか。
仕事で成果を出せなかったらどうしよう、とか。

コロナウイルスが蔓延するまでに、
「怖れ」「不安」を
悩みとして持っていませんでしたか?
(あるいは感じていたけど、見ないようにしていたとか)

せっかくコロナがらみで「怖れ」を感じているなら
「怖れ」の感情をまるごと対処していくチャンスにする
ということですね。

 

もしスピリチュアルなものに興味がある方は、

私が学んだビジョン心理学の創始者 チャック・スペザーノ博士の
「今月のニュースレター」を読まれてもいいかもしれません。

「今月のニュースレター」

はっきりいって何が書いてあるのか?
よくわからないと思いますので
ご自身の感性で読む、って感じかな。

キーワードとして、罪悪感、癒し、を追っていくと読みやすいかも。

このニュースレターについて、話をしてみたいなという方が
いらっしゃったら、ぜひご連絡ください。