この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

人の心を動かす「影響力」とは。

出棺の時。

通常なら一般のお客様にも見送っていただくのですが、

先日の記事に書いた通り、コロナ対策で、

式典の前に弔問をいただき、その後は家族のみで行う形式。

母が喪主で位牌を

その次、長女の私が遺影を。
次女の妹が骨壺をと役割があって
それぞれ抱えながら、

霊柩車のところに歩いていくと、

おひとり
出棺を見送ってくださる方のお姿が!

 

それを見た瞬間

私はこの方がしてくださったお気持ちにとても感動しました。

 

出棺が寂しいものになることをわかっておられ

式典前の焼香後、そのあとずっと1時間以上、
駐車場で待っていてくださった。

多くの方が(もちろん私も)焼香したら
帰ってしまうのが普通。

あそこまでのことをしていただけるほど
父に徳があったわけでなく、

その方のお心持だと思うのです。

心から悼む、それをどう行動として形にするのか?
その方のふるまいから学ばせていただいたのです。

母はとっとと霊柩車に乗り(→本人いっぱいいっぱい)

気づいてもおらず、

私は遺影を抱えたまま

その方にご挨拶しました。

 

でも、そのあともずっとあのお姿とお気持ちが忘れられず、
お手紙を書くことにしました。

この不調法者の私が、

礼には礼を尽くす

ということが

自然と湧き上がってきたのです。

それが影響力ってことなんだなぁ。と感じながら。

 

妹に

「あの方、お名前わからないのだけどどなたかな?」

と聞くと

「××さん」

というので、お宛名を書いた。

まさに投函しようとしたその日

「みきちゃーん、違う方だった!!!!もう手紙出しちゃった??」

妹よ、セーフ!

全然違う方に、お手紙を差し上げる失礼をするところだったよー。