母が見た夢と、不思議な出来事

 

花たちとハッピーセット

今日はまず、玄関内の飾りをご紹介。

左にある白いものが綿の花です。

おととしいただいた種を無事母が開花させました。

 

真ん中のピンクと白の花餅

飛騨高山の、お正月用のお餅をくっつけた花に見立てたもの。

その奥はレンコンの花をドライフラワーにしたもの。

右の水仙はうちで咲いたもので、父が文字入れした湯飲みにさしています。

 

そして、その背後にある絵は何かというと。

美濃和紙のハッピーセット

というものです。

詳しくはこちらを参照。

1995年頃から「花鳥」と「平安絵巻」の二つの図柄が、各地のお客さまの不思議な体験とその実績から、幸運をもたらし不幸を追い出す縁起の良い絵として、特に経営者やセールスマンの間で評判になり、何時の間にか「ハッピーセット」と呼ばれるようになりました。(山根和紙の店 サイト転載)

実は、その価値がわからず、ただの絵だと思って、
長らく飾っていたのです。

が、実はこんな縁起物というか、開運グッズだったのですね。

父がもらったものなのですが、父の人生は確かに幸せだったと思うので、
あたったのかな?

 

母が見た不思議な夢

父が亡くなって以来、母が初めて父の夢を見たとのこと。

その中身が、

割ときちんとした服装に帽子をかぶり、愛用の電動アシスト自転車に乗り、出かけようとしている。

「パチンコ行くの?」

と聞いたら、

「郵便局」

と答えたそう。

そのあと、その自転車は
緑が広がる草原の中を、中を浮いた状態でどんどん走っていったそうです。

普通、夢って、目が覚めてからしばらくすると忘れてしまうことが多いと思うのですが、

ものすごく鮮明に覚えているとのこと。

姪っ子はそれを聞いて

「E.Tみたいやな(笑)」

と笑っていましたが。

 

夢の続きで起きた不思議なこと

私は、父親が極楽浄土に行ったことを

無事母に報告しに来たように思いました。

 

郵便局=便り、の象徴かなと。

 

そして、その話をした後、

フリマアプリに長らく出品しても、
なぜか売れなかった父の品物が売れました。

いいものなのですが、
なんでこんなもの買ったの?
うちでは使わないじゃんというもので

さんざん私たちに怒られたのです。

 

ところが今朝は、
じゃんじゃんイイネ!ボタンがつき、
売れてしまったのです。

 

そして、その品物は、
ゆうパックで発送しました。

やっぱり郵便局。

変なもの買ったお詫びに、自分で売り先を見つけて去っていったのか。

何とも不思議な話です。