自分の思いと相手の思い~気を遣いすぎるのも、過ぎたるは猶及ばざるが如し

フリマで購入し、少し変わった包装で届きました

こんにちは!

不用品の売買に、

フリマアプリを利用することが多いのですが、

先日、昔大好きだったオサムグッズ(OSAMU GOODS)のトートバッグを購入しました。

最近、また人気が出てきているらしい。

出品者の方は、

封筒に宛名ラベルを簡単にテープで1か所だけつけて、
封筒も、テープで1か所だけとめて
それを更にビニールの封筒に入れて
しっかりとめてありました。

どうしてこんな手間のかかる包装なのかな?と想像したら。

封筒が再利用できることに気づきました。

出品者の意図

ここまで考えて包装に気を配るなんて
きめ細かい方だなと思ったのです。

私は、

「再利用させていただきます」

とメッセージしました。

 

お返事が返ってきて、

「意図をくんでもらってありがとうございます。

以前、同様の梱包で、
”簡単な梱包だ”と悪い評価をつけられた。

別のケースでは、

雑誌の付録を買ってくれた方に
別の雑誌のおまけをつけたら、
”いらないものを勝手につけてこられて迷惑だ”と
それも悪い評価をつけられた。

なので理解してもらえてうれしいです」

ということでした。

その出品者の方の対応をどう思うのかは
人それぞれだと思うんです。

人によっては、

資材を再利用を強制されるかのように負担に感じる人もいるし、

おまけをうれしいと思う人もいれば
いらないと思う人もいる。

人それぞれなんですよね。

私は再利用できる状態がゴミにならず
ラッキーだなと思うのでいいのですが、

ただ、正直言って、
善意と言えども、
少々やりすぎかなと思いました。

相手が再利用しやすいように、
も自分の勝手な思いでしかありません。

おまけも、いらないものは本当にいらない。
うれしくないことはないけど、
使いみちに困ることもあります。

おまけつけたらうれしいだろうな、
も、自分の勝手な思いでしかありません。

それがどんな評価になろうが、
それはもうとやかく言えないんですよね。

なので、そこまでいさぎよく受け入れるなら
どんな評価受けようが、堂々とやったらいいんじゃないかな。

 

癒着と境界線の問題

一応、カウンセラー的に

別の目線で見ると、

癒着と境界線の問題が絡んでいます。

 

自分の思いは、必ずしも他人も同じではない。

自分がうれしいことは、他人もうれしいとは限らない。

けど、
きっとうれしいに違いないと
思う時点で、
自分と他人の感情の区別をつけていない、
ということになります。

逆説的なのですが、
他人の感情にものすごく
気を使いすぎて
自分に取り込みすぎているとも言えます。

本当にうれしいかどうかなんてわからないのに、
きっとうれしいだろうな、
だから、あれもこれもしてあげよう、って。

してあげたい、愛情豊かな人ではあると思うのです。

それに、概して、このタイプの方って
メッセージが長いことが多いように感じます。

思いがあふれるんでしょうね!

 

愛情あふれるあまり、他人の感情まで
考えすぎなくていいし、
与えすぎなくてもいい。
その方が相手にとって負担がないし
心地いいこともある。

なので、
意識的に、オーバーフローしないよう
この辺でやめとこ、と
セーブするとよさそうです。