「地の時代」から「風の時代」へ

こんにちは!

スピリチュアル、占いの世界ではずっと話題になっていたのですが、

240年続いた「地の時代」から、

今日12月22日から200年続く「風の時代」

に変わったそうです。

「地の時代」=物質主義の時代

から、

「風の時代」=目に見えないものを大切にする時代へ。

とのこと。

 

心、つながり(感)、情報、コミュニケーションなどがより重要視されていくそうです。

(詳しくはぐぐっていただければ、たくさん出てきます)

 

友人と話をしたのですが、

 

風の時代は、

それぞれの人が、

大切にしたいものを大切に生きていく時代ではないかと。

 

簡単には人に会えない時代だけに、

自分にとって大切な人、場が表面化したし

今まであって当たり前だったものがなくなって、

改めて何が大切だったのかわかったり、

逆に重要だと思っていたものがそうでなくなったり。

コロナは、そんな時代の移行期において、

変化を後押しする存在なのかもしれません。

(と言ってもひっ迫している医療関係のことを思うと、なかなか好意的にも受け取りきれない側面もありますが)

 

そんな新しい時代のスタート

今日12月22日は、大量のゴミを引き取ってもらいました。

2トントラック1台分はあっただろうかと。

父が学生時代から使っていた机も旅立ちました。

この机は、父のシンボル的な存在でしたが、

風の時代なので、
父という肉体や、父の使っていたものがなくても

つながりを感じ続けられる気がします。

形がないだけに、無限だし。