この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

浮気・不倫カウンセリングだって今までのパターンが通用しなくなっている

 

こんにちは。

私の得意ジャンルの1つに、
浮気不倫をしている当事者の方向けのサポート

というのがあります。

これは、浮気をされた方からのたくさんの
ご相談を受ける中で、
実はその反対側の、している当事者の方にも
苦しみがあること、
その両方に目を向けていかないと
結局、幸せって難しいんだなと思った経緯があります。

新型コロナウイルスで
自粛、自宅にいよう

となってるし、

もしどちらかが感染したら
感染経路まで調査され
濃厚接触者も自宅待機や検査?
になるんですかね。
バレちゃっても困るし。
感染したくないし。

となると、

浮気・不倫相手を作る、会うというのが
コロナ禍以前と異なり
ある意味、

命がけ

になってしまった気もします。

ただでさえ、土日や、ゴールデンウィークって
相手が既婚者だと
会えなくて、LINEをついついみてしまう
連絡くれないかあぁなんて
スマホにかじりつく
でもみるのをやめる

それがいつも以上
そんな日々だったと思うのです。

既婚者側は、
ずっと自宅で家族と過ごす時間が
長くなり、
相手に時間も連絡もままならないことで
いろいろ思うし。

なので、今までの
「浮気・不倫に関するご相談」
というのも
従来どおりのカウンセリングでは
語れないって思うんです。

ある意味、先が見えない、
今までになかった事態が起きてるだけに
今までと同じカウンセリングって
成り立たないところってあるよなぁと。

浮気・不倫の関係そのものが
先が見えない気がする・・・、
コロナと同じかもしれません。

だからこそ、
こうしたほうがいい、というのも
なくなってきている気がします。

自分で答えを見つけていく作業と力が
必要になっている気がするんです。

正解なんてないし
正攻法もないし
でも、コロナ禍以前と
違って、命がかかってる分だけ
真剣に向きあえるってことなんじゃないかな
って思います。