この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

「うちで踊ろう」に感じる、「つながり」

 

こんにちは

星野源さんが「うちで踊ろう」で
セッションを募集したところ

Youtubeで、
三浦大知さんや多くのアーティストが
セッション動画をアップしていますよね。

星野源さんの
アコースティックなギターと
やわらかい歌声に
別の声や楽器が加わることで
違うテイストの楽曲に変身します。

これも

「つながり」

が、なせる技だなと思うのです。

人と人が物理的に
距離をとらざるをえない事態だからこそ

人とつながれることや
触れ合えること

すばらしさ

あったかさ

を痛感する。

 

ところが、

残念ながら
その逆で、

今までこの友人・知人が
大切な人だと思っていたけど、
それは幻想だった

ということに気づかされることもあるかもしれません。

それはこの事態にならないと
発覚しなかったことかもしれません。

***

安倍総理が、
この「うちで踊ろう」に
コラボして掲載した動画が

すこぶる不評ですが、

 

これは、

誰とつながりたいのか?
どんな気持ちでつながりたいのか?

が、ズレている(わかっていない?)
からではないかと思いました。

 

国のトップが
強く、迅速で的確なリーダーシップを見せてくれ、
そこに国民が安心・信頼をよせられる。

不安だからこそ、そんな一体感が欲しいはず。

いま、総理に求める「つながりかた」

ってそこなんじゃないかな?

 

だから、

「私たちが求めている、つながりと違うじゃん(怒)」

という残念な評価になったのでは?

と思いました。

 

コロナを通して
何かが
新しく見えたり
感じさせられる

そんな気がしています。

今日も医療従事者はじめ、
インフラ・ライフラインを支えてくださっている
多くの皆様に感謝します。
ありがとうございます。