この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

「不安」は「愛」の反対言葉

 

こんにちは

すごく昔に買ったけど、
読んでなかった本。

「潜在意識をとことん使いこなす」

です。

 

この中で

「不安」は「愛」の反対言葉とありました。

 

不安は、制限し、閉鎖し、控え、逃げ出し、隠れ、隠蔽し、傷つけるエネルギーだ。

一方、愛は、発展し、解放し、放ち、とどまり、明らかにし、分け与え、癒すエネルギーだ

(中略)

人の思考、言葉、行いはすべて、この感情のどちらか1つから生まれる。

それについてはあなたには別の選択肢がない。

なぜなら、選ぶべき他の感情がないからだ。

けれども2つの感情のどちらを選ぶかについては、あなたは自由に選択することができる。

(以上、引用)

 

確かに、いま、新型コロナウィルスに

「不安」を持っていて、

この「不安」という感情のエネルギーの説明は、

まさにその通りって感じ。

 

感情って、

悲しむことも、喜ぶことも
同時にはできなくて、
コロコロ切り替わるとしても、

瞬間的には必ずどちらかだけ。

 

だから、「不安」も「愛」も
同時に感じることは無理で、

瞬間瞬間で
どちらかを選べる。

 

「不安」があるからこそ

科学的、医学的な正しい情報に基づいて
正しく予防することは大前提。

 

でもその「不安」に飲み込まれ
ドラッグストアで、
マスクの在庫がないことについて
暴言を吐くことも選べるけど、

「愛」を選択する行動も
とることができる、

ってことかなって思った。

 

「愛」っていうと大げさだけど、

店員さんだって、大変だよね、
こうして働いてくれて
ありがとう

という
思いやりとか感謝の気持ちを持つだけで
十分な愛 かな、って思う。

 

さらに言うと、これは本当は信じるかどうかは
人それぞれの話で。

数日前、
こロナウイルスと会話したという方の記事

を紹介しましたが、

人々を不安にさせ
大切な人の健康や命を奪い
経済をこれだけ停滞させている
コロナウイルスだけど、

本当はこんな「不安」の権化
として
地球に生まれたくなかった

という彼らの言葉を仮に信じるなら、

彼らに「愛」を送るという
一見ありえないことを
して、
終息できるなら、それもあり、
と思えてしまう昨今。

 

とにかく、今は「不安」を感じてしまうのは
当然のことなので

抑圧したり、
感じないように
することもしなくていいけど、

自分に対して、
周りに対して、

「不安」よりも「愛」を選択

すること。

それしかやることはないかな。

前掲の記事のように、
もし本当にウイルスが、
人々に「愛」を
選択することの大切さを
知らしめるお役目で生まれてきたのだとしたら

私たち一人一人が、「愛」を選択し続けること

それが終息に向かう道なのかもしれないなら
選び続けるしかないのかな。

 

今日も医療現場はじめ、
ライフラインを支えてくださっている
あらゆるみなさまに感謝と愛を送らせていただきたいと思います。

本当にありがとうございます。