子どもを持ちたくない理由として、

自己嫌悪が強い場合がある、というお話をしました。

自分のことが嫌いだと、そもそも生きていること自体が辛いので、

このしんどさを自分が生んだ子にも味合わせるのか?
そう思うととても申し訳なくて産めない。

なので、対処としては、

(1)自己嫌悪を減らす
(2)生きる目的を考える・知る

なのですが、前回は(1)に触れました。今回は(2)の対処について書きます。

なぜ女性として生まれてきたのか?

もし、魂がですよ、本当かどうかわかりませんが、輪廻転生を繰り返して、今世はある目的をもって生まれてくるとします。


しかも、男性じゃなくて女性として産まれてきました。


もし、それを選んで生まれてきたとしたら、なぜだろう?

仮に魂が集まっているあの世というものがあり、
そして、きっとその魂には性別なんてないわけで。


地球という星に、女性として生まれていくわー
と決めて、生まれてきたとしたら?

女性として生まれる以上、産む性を負わされるわけですし、
なんで男性じゃなくて女性として生まれてきたんだろう?

目的と照合してみる

そして。

女性として生まれてきたことに目的があり、
その目的に照らし合わせたとき、


子どもを持つということ、あるいは持たないということが
自分の生まれてきた目的に沿う気がするのかどうか?

を感じてみるということです。

これは、なぜ欲しいと思えないのか?に疑念に対する答えは得られないかもしれません。


でも、実際、子どもを持つのかどうか?という「選択」をすることに関しては、ヒントが得られるかもしれません。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)