こんにちは。

今日は、子どもを持ちたくない女性の心理、3回目です。

子どもが自己嫌悪のシンボル

自分のことが嫌い。

はやりの言葉で言うと「自己肯定感低い」場合、
自分の分身とも言うべき子どもを欲しいと思えません。

こんなに毛嫌いしている自分の身体から出てくるものなんて、
やはり嫌だし、好きになれそうにありませんよね。


それに、
自分嫌い、自己肯定感低い状態は、

そもそも生きていること自体が辛いので、

このしんどさを自分が生んだ子にも味合わせるのか?
そう思うととても申し訳なくて産めない。

という場合があります。

対策としては。

(1)自己嫌悪を減らす
(2)生きる目的を考える・知る

です。

今日は(1)について書いていきたいと思います。

自己嫌悪を減らす≠自分を好きになる

自分を嫌悪するということは、


自分のあそこがダメ、ここがダメ
とダメだしすること
です。

その数が多い状態が、「自己嫌悪が強い」です。

自分を嫌いだーと思うことは自己攻撃なので、
自分を痛めつけることを減らした方が楽になれるはずですよね。

なにしろ、こんなダメだらけの自分を支えているのは他の誰でもない自分の心と身体ですからね。

でも、ここで要注意なのが、


自己嫌悪を減らすことと、自分を好きになることはイコールではない

ということです。


嫌悪するところが多くても、自分のこと好き、って思う人もいます。

嫌悪するところが少ないけど、自分のこと好きじゃない、って言う人もいます。

嫌っている部分を減らすことと、
自分を好きになることは別なのです。

自分を嫌っている人が、いきなり自分を好きになろうなんて無理なのです。


嫌いな食べ物、いきなり好物になりません。

ここ結構大事です。

自分が嫌いな人が、自分を好きになろう!ってがんばらなくてもいいんです。

そこを狙わなくてもいいんです。


狙ったところで、簡単にはできず、
できない自分をどうせ自己嫌悪するだけです。

それでは、とても逆説的なお話で、
自己嫌悪強化、になっちゃいますよね。

もちろん、嫌う度合いが減れば、結果的に好きと思える度合いはアップするかもしれませんが。

嫌いな自分への対策

わたしのお勧めは次の通りです。

嫌いだと思っている自分をOKする

自分のこと嫌いだなーと自分のこと思っている自分を受容してあげるということです。

「ヘタレで優柔不断で陰湿なところが嫌いなんだけど、自分のことをそんな風に思ってる私でいいじゃん」

と。

どんな私でも私、なので、その私を認めてあげる

ということです。

前回のインナーチャイルドワークで言うと「インナーチャイルドの手を離さない」ということになります。

そこまで本当に嫌うところなのか?


自分が掲げている「ザ・嫌いなところ一覧」ですが、

本当にそこまで嫌うところなの?


という疑いを持ってみましょう。

例えば優柔不断

だと思ってるけど、

いやいや他人から見たら十分芯が通ってるよ、ということもよくあるし、

優柔不断も、裏返せば、フレキシブルというポジティブな言葉になります。

この、

本当にそうなの?

裏返すと、どんな長所?

という疑い&反転大作戦をお勧めしたいと思います。

いいところ探し

いいところ探しはしたほうがいいと思います。

自分で出てこなければ、人の力を借りてでも数を集めます。
これは、カウンセラーがよく出させていただく宿題です。

人から集めるのもこっぱずかしかったりするし
中にはええっ?ホント?
っていうのもあったりします。


が、まぁそれはそれで相手が勝手に思ってることなので
それでよしとしましょう。

なぜこれをやるかというと、
嫌いなところがいっぱいあって、それを減らすことができなくても、
いいところが集まれば、相対的に嫌いなところ比率が減るし、中和されたりするからです。

ただし、いいところがあると思うことと、自分のこと好きと思うことも、別物です。

必ずしもリンクしないし、イコールではないです。

いいところ集めても、好きになれない、ってこれまた自己攻撃しないでくださいね。

つまり、

「自分を好きになる目的で
いいところを集めよう!嫌いなところを減らそう!」

という

この「狙い」も「期待」も手放しておいてください。

狙ってやったことの多くは、失敗に終わります。

今日はここまで。
(2)の「生きる目的を考える・知る」は次回。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)