この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

介護保険の認定調査

こんにちは!

父の介護保険の認定を受けるための調査があり、市役所の方から病院まで担当の方がきてくれました。

直接、いくつか本人に質問があります。

冒頭「40代から100歳の人まで共通で質問する内容がありますので、ご了承くださいね」

と言われる・

 

氏名、生年月日、年齢

に続き

「今の季節は?」

には、

「秋に決まっとる!!!」

 

そうです。

うちの父、頭はハッキリしているので、

あまりに簡単な質問に少々お怒り気味で(笑)

だから、100歳の人まで聞く質問ですから!って言ったじゃん!!!

 

あとは日常の動作として、

ベッドから車いすへの移動が自力でできるか?については、

「しんどいけど、この人がやれというので」

と看護師さんのせいにするけど、

要はできるじゃん!って話なんで、いいんですが。

 

結局、自分が介護認定を受ける身体になったこと

それ自体が許せないんでしょうね。

 

人って、自分の思うようにならないことがいちばんつらいと思うんだな、私。

 

私も、自分自身の身体について、昔からずっと苦悩してきたので、その気持ちがちとわかる。

妹のように、元気ではなく、気が利かない、へたれの私にできることといったら、そういう父の気持ちに寄り添い理解してあげられるぐらいかなー。

 

そして、調査員の方がお帰りになるときは

「仕事とは言え、遠方までご苦労様でした」

と挨拶をしたところは、さすがだなと思った。