この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

自分の魅力、パートナーの魅力を感じてみよう

こんにちは!

干し柿、できあがりました!
黒くなっちゃったのもあるけど、
なかなかきれいなエルメスカラー!

中はやわらかくて、羊かん、ゼリーみたいな感じです。
大満足。

さて、今日は。

「彼・彼女の魅力はどこなんですか?彼・彼女にとってあなたの魅力ってなんですか?」
について。

パートナーの魅力

この質問は、
カウンセリングの中で
よくおたずねする質問です。

先日、ある方が、パートナーの魅力として
「現実的で即物的なことしか思いつかない」とおっしゃったんですね。

例えば
働いてお給料を入れてくれる。
××万円稼いでくる。
××という名のあるところに勤めている

という風に。

これ自体が悪いわけじゃないんですよね。
大事な要素になってくることもありますしね。

でも、
「これしか思いつかない」
ということになると、
けしてそんなつもりはないのに、

相手を「モノ扱い」「手段扱い」しがちになっちゃいます。

すると、相手は「人」として大事にされている感が薄くなっちゃう。

人として大切にされている感が欲しくなる

場合によっては

浮気とか
夜のお店に大金使うとか
生きてる感が欲しくて賭け事にお金使う

とかね。

まずは自分の魅力を知ろう

なぜパートナーに対して、
即物的なことしか思いつかないかというと、

そもそも自分自身に対して
同様で、
即物的な側面でしか価値がないと思っているから。

ということになります。

イヤですねー
そうなんです。
まずは自分自身なんですよねー。

なので、まずは
自分自身の魅力をリストアップしましょう。

あ、即物的なこと意外でですよ。

そして、相手の中にある「魅力」をよーく見てみましょう。

あ、即物的なこと意外でですよ。

どんなことでもいいんですよ。

どうしても出てこない人は
友達や家族の力を借りてください。

あなたが自分でわかっていない
魅力を教えてくれると思います。