こんにちは。

母の肺MAC症のその後についてアップします。

肺の白い影

肺MAC症の方は、定期的にCTを取ると思います。
母は半年に1度、撮影しているのですが、今年の1月末の画像は、半年前の昨年7月に比べて白い影が拡大していました。
数年間、ずっと少し広がっては消えで、全体的には小康状態を保っていたのに・・・

ちょうど、主治医の先生が、転勤になり、今回、新しい先生と初対面。かつ先生は自分に替わった途端に、悪化している状態からスタートなので、テンぱっている様子。(いい人だけど、怖れの強い先生みたい・・・)

自覚症状としては、若干、少しコホンコホンという咳が出始めたかな?という程度で、他にはありません。

しかも、痰の検査をしても、菌はいません・・・

入院&投薬導入を勧められるが

テンぱっている先生からは、肺MAC症で使用する3種類の投薬を勧められました。
ただ、以前も使用した際に、アレルギー反応が出て使用を中止したので、入院で1か月ほど様子を見ながら、とのこと。
重度のアナフィラキシー反応があった場合に命にかかわるためだそうです。

でも、私自身はこの薬の使用効果に懐疑的であることと、ちょうどコロナ感染が再拡大していることもあり、入院中にコロナ感染リスクもあることや、面会できない中、高齢者が長期入院して気力・体力が落ちていくこと。


普段の生活は咳以外何も支障がなく、残りの人生を鑑みたときに、投薬や入院がQOLを下げてしまうこと。


今なら、日々の生活を楽しみながら、孫たちの訪問を楽しみに過ごせていること。

等から、すぐに入院&投薬の決断を出せませんでした。

それは母も同じで(そりゃ入院したくない)1か月後の再検診で、結論を出すことにしました。

再度調べたこと

そして、再度、肺MAC症について調べなおし、

漢方薬について調べたところ、

東京の
Kメディカルクリニック
さんのHPに、具体的な処方薬が載っていました。
残念ながらこのクリニックはリモート診療をしていません。

漢方薬で、肺MAC菌を殺すものはないので、
身体全体を整えて、抵抗力、免疫をあげていくというアプローチになるのかなと思います。

そしたら、何かサプリメントをと、見つけたのが。

エビデンスは見つかっていませんが、免疫力をあげて肺MAX症にいいと言われるサプリメント。
プロポリスとアガリクス茸です。

Amazonがいちばん安かった!

同じ蜂由来成分で、ローヤルゼリーを昔飲んだことがあるのですが、ホントに風邪をひかなかったし、免疫向上にはよさそうなので、プロポリスも信頼できそう。

明らかなストレス要因と言えば

ずっと精油の塗布はしてきたので、それでも影が拡がったわけですが、じゃあこの半年間何があったかというと?
これしかありません。

9月に父が末期の肺がんで入院、母本人は2回の白内障手術、11月死去。

母にとって最大のストレスだったと思います。

私はこれで一挙に病状が悪化したと思います。


前にもブログに書きましたが、
肺は悲しみの溜まる場所と言われます。

が、私は父の病気発覚~死去までで、母が泣いたことは、1度しか見たことがありません。

それも、葬儀に、友達が来てくれて、その友達が泣きながらハグしてくれてもらい泣きをしただけです。

私なんか毎日毎日泣いてばかりで、今でも父のことを思い出すとすぐ泣きます(笑)

母になんで泣かないのか?聞いたのですが、
泣けないねぇと言います。

もともと涙ぐむということがない人で、父のことに限らず、泣いているのは見たことがないです。
泣かなければならないとは言いませんが、ここまで泣かないのは不思議です。

病気からのメッセージを解読

今回の件でも、やっぱり心の状態が、身体や病気に影響を与えるということを本当に感じました

肺MAC症の菌は、結核菌と違い、ごく普通に身の回りにいる菌とのこと。
普通ならそんな菌に触れてもなんともないのに、
まるで結核のような影と症状を作り出します。
ある意味、菌が寄生することも、悪さをすることも自分の身体が許可を出してしまっている。
普通なら、許さないのに。

もしかしたら母のように、

普通なら泣くのに、泣かない のように、


普通なら××なのに、××してしまう 
もしくは、
普通なら△△なのに、△△しない

のように、自分が無意識で禁止・抑圧・許可していないことがないか?チェックしてみるのもありだと思います。

肺MAC症の方には、心の状態チェックを再度していただくといいかなと思います。

特効薬がない病気なので、心から整うだけで効果あるなら、お得ですし。

(でも、身内なので、母のカウンセリングは私にはできないけど・・・)

結果的には入院・投薬なし

1か月度、再検査。
今回はCTではなく、レントゲンだけですが、拡大している様子もないし、咳も変わらず。
本人は庭いじり、畑仕事など何時間もやってて、体力が落ちているということもないし。
先生も、前回のような焦った様子はなく、「入院なしで様子見しましょう」ということになりました。

今回もやはり菌が検出されません。
実際には気管支の奥の奥の方とかにいても、アクティブではない、(活動していない)という判断だそうです。

漢方薬については、体力が落ちているなら気を整えるために使用はあるが、これだけ元気ならと不要とのこと。
散歩を続けているのもいいですね、とのこと。

ということで、またまた投薬なしで様子見を継続です。

肺MAC症に特化した


個人セッションの



ご案内

肺、病気を通して、あなたの心が伝えようとしていることを探ってみませんか?