この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

大切な人を大切にするために~高齢の両親がいる方へ

こんにちは。

コロナ対策で、病院の面会にさらに制限がかかり、厳しくなりました。

まだ最低限の面会が許可されているだけましで、

近隣のほとんどの病院は全面禁止です。

 

最近、少しずつ、コロナの感染者拡大で

父の病院も、どうなるんだろうと思います。

 

日本、いや世界中で

どれだけ多くの病床にある人とその家族が、

自由に会えない切なさとどうしようもない憤りを抱えているんだろう。

ものすごい数だよね。

家族に看取られることもなく、1人寂しく人生を終えていく人がどれくらいいるのか。

 

会いたい人がいるのに会えない。

愛する人のそばにいたいのにいられない。

 

コロナは本当に、私たちにとって「親密感」「親密度」について深く辛く感じさせる。

 

私が今年、自分の身に起きたことを振り返ると

心から思うこと。

 

両親や子供、パートナー、友達・・・・

あなたのそばにいる、あたりまえのようにいる人のこと

どうか大事にしてください。

 

特に、高齢の両親がいる方は、

ご本人の健康にうるさいぐらい気を遣ってあげてください。

 

自分で病院へ行っているぐらい元気でも、

時には付き添ってあげてください。

思っている以上に、医者の前で、高齢者はコミュニケーションができておらず

自分の体調についても話せていないのです。

 

特に、医者からは何も言われないから、質問されないから

健康だと思い込んでいたりします。

健康診断を受けているのか、受けているなら何をチェックしているのか?

どうか気にかけてあげてください。

 

コロナで両親と会うことを控えている方。

それでも会いに行ってあげて下さい。

対策をした上で。

たまに会うから、異変にも気づいてあげられるし。

 

そして、親が病気になってしまったときには、

もっと大切にすればよかったと

もっと話をすればよかった

と後悔しか出てこないのです。

 

それに、今は入院したら、会えなくなるのです。

どうか元気な時に、

やれるだけのことをやってあげてください。

親は思っている以上に、
老いています。

 

元気な親ほど盲点になるので、

元気でもしつこく気遣ってあげてください。

 

親に文句言えるうち、ケンカできるうちに。