この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

「大峯千日回峰行の道を行く 修験道・塩沼亮潤 の世界」を観て。

こんにちは!

10月18日は
NHK BS1 22:00~ BS1スペシャル「大峯千日回峰行の道を行く 修験道・塩沼亮潤

の世界

を観ました。

 

↓こんな方です。著書多数

塩沼さんは、大峯千日回峰行を達成された方です。

山々を走破するだけでもすごいのですが、

四無行といって、断食、断水、不眠、不臥を9日間続ける命がけの荒行を達成しているんですね。

誰でもできるものではなく、選ばれた人しか達成できないような偉業だと思うんです。

 

塩沼さんが修行を重ねられた結果、大切にされているのが

 

「笑っていること」

 

それだけ?って感じもするけど・・・?

 

笑えない修行の日々だからこそ、

 

笑うことの効能

笑えることのありがたさ

 

を体感されたのかなと思う。

 

ものすごくシンプルなんだけど、

それがすごく難しいことなのもわかる気がする。

 

いま、病床にある父のところに行くと、

しんどい、えらいという言葉を聞くと、

こちらまで辛くなる。

 

病人らしい病人になってしまった父の姿

いつになるかわからないけど、

お別れの日がやってくる切なさでいっぱいになる。

 

それでも、私は

笑っていられるよう

ヘタレながらがんばっている。

 

父の前ではマスクを

透明のマウスシールド(フェイスシールド)にチェンジしている。

↓こういうやつね。

 

目に涙があふれても、

それ以外は

鼻も口も、顔の筋肉全部、笑うようにしている。

 

どんな時も笑うって、本当に難しい。

 

塩沼さんの言っていたことは、
シンプルで深い。

修行好きと言われてきた私の人生だけど、

(けして苦行は好きではない)

 

日々の生活も、実は「行」なんだろうな。

明日も病院で「笑う」ことが私の行なのだ。