この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

ALS女性嘱託殺人のニュースを聞いて

こんにちは

ALS患者の女性の方が、2名の医師に安楽死を依頼した事件のニュースを聞いて。

手術を控えている身として、
また常々、身体にいろんな症状を持つ身として、

思うことがあり、
ちょっと書いてみたいと思います。

以下、けしてALSや難病の方の
生きる権利を排除するものでもないし、
安楽死・自死(今回の場合、法的には殺人ですが)を
容認するのでも否定するでのもなく
あらゆるジャッジメントを省いて、
フラットに考えてみたいと思ったものですので、
誤解がないようにお読みいただければと思います。

ALS患者で舩後参議院議員はこの件に関して、

「『死ぬ権利』よりも『生きる権利』を守る社会にしていくことが大切です」

とコメントを発表されました。

これは本当にその通りだなぁと思うのです。
どんな状態の方であれ、「生きる権利」が尊重される国でないと
そもそも安心して生きることできませんよね。

では、もう1つの「死ぬ権利」についての議論って深まっているのでしょうか?

もちろん
そもそも「死ぬ権利」なんてないという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、難病や障害などで、生きること自体が苦しいと思っている方もたくさんおられ、

QOL(Quality of Life)という言葉があるように

人生の質として

何を求めているのか?
大切にしているのか?

人それぞれだと思うのですが、

それが叶わないなら
生きていても仕方がない気持ちになる方が
おられても不思議ではないと思うのです。

当事者でしか
その方にしか
わからない苦しみや気持ちがあります。

今回私が受ける手術は、
手術のミス以外では
生き死には関係ないけれども、
QOLにはとても影響がある手術です。

手術しても今出ている症状が改善できるのかどうかもわかりません。

誰だって、病気や障害で
身体がつらい、
生きているだけでつらいと
思うことが起きる可能性がありますよね。

死にたい、
死にたいほど身体が苦しい、
死にたいほど心が苦しい・・・

自分の人生、自分の身体、他の誰のものでもなく
自分のもの。

他の誰も自分の苦しみに代わってくれるわけでもなく
自分だけがこの苦しさを抱えなくちゃいけないのです。

この肉体をどう取り扱うことが
この国で許されるのか?

すごく難しいテーマです。

倫理上、哲学上、心理上、医学上

・・・

ありとあらゆる角度からの検討が必要ですよね。

脳死・臓器移植については、この検討が進み、実現化された結果だと思いますが、
これも誰かの死が前提になって、誰かの生きる権利を尊重した制度。

よく、
死ぬことを考えるのは、
実は
どう生きるかを考えることと同じ
と言われます。

死の反対に絶えず生があるからでしょうね。

だから
意識的に死を選ぶ「死ぬ権利」について
タブー視せず、
もっと議論を深めてもいいんじゃないかと思うのです。

結果、法的にはやはり認めない、だとしても、

それが結局は「生きる権利」を強化することにもなると思いますし。

今回の事件は、誰かの特別なケースではなく、
誰もが可能性があり、
誰にも共通のテーマだと思ってしまったのです。