問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

自分の感覚を磨き、大事にする、ということ。

こんにちは!

かかりつけの歯医者さんに行きました。

指名している歯科衛生士さんがいるのです

指名してお願いしている歯科衛生士さんがいるのですが、
なぜこの方にお願いしているかというと
お仕事ぶりが丁寧なのと。

私の歯が1本ぐらついていてヤバかったのに
安定しちゃって
なぜですか?すごいですね?!
と訊かれたので、

ハッピーマウス®
をしてました、

とは言ってないけど、

頭のポイントを押していたんですー
と言ったら、それで治ったんですね~!すごーい

一緒に喜んでくれたから、なんです。

一見、怪しい話でも
受け入れてくれると、うれしいものです。

そして、今回は・・・

「いい香りがします」

とおっしゃるので、

なんのことだろう?と
思ったら、

私が腕に塗っていたクリームのことでした。

香りは湿布薬なんですが、
実は天然の精油が入ったクリーム。

湿布薬に入っているサリチル酸メチル?
だっけな、
それと同じ成分が
入っている精油
ウィンターグリーンというのがあって。
あの匂いなのです。

こんなチューブに入ってます。
ほとんどなくなっているので、ぐにゃってますが。

ペパーミントも入っていて
スーッっとしています。

と説明したら、びっくりしてて。

湿布薬と違って
ずっと嗅いでいたいいい香りですね。

と。

違いがわかる人にはわかるんだなぁと。

(かなりにおいますが・・・)

こういう五感(+なんとなくいいと思う六感)を
大事にできる方ってすばらしいなぁと思いました。
を磨く

 

感覚を磨き、大切にする

感覚を大切にする、
というのは女性性優位な状態です。

(※女性性というのは、男女とも持っているのですが、”女性”に象徴されるような、性質を表す言葉)

感覚的に
うれしい、心地いい、
楽しい、うれしい、
気持ちいい

などなど、そういう感覚を
磨いていくためには

そういう場に身を置く、
そういうものに包まれる、

ということがいいと思います。

私がボタニーペインティングという
アートを始めたのもその一環と言えばそうなんですが、

正直、考えずに始めただけ(笑)
↑これも女性性。


昨日も書きましたが、
ワークショップを開催できるようになりました。

ボタニーペインティング

 

感覚を磨いていくと

自分を大切にできること
自分に優しくすること
がわかってくるし、

どうしたら自分がご機嫌でいられるのか?
それもなんとなくわかってくる。

自分がご機嫌でいられることが

周りの人もご機嫌にさせる。

 

いま、自分に悩みや苦しいことがあって
それどころじゃないよー

って思うかもしれないけど、

そんな時だからこそ、
何もしない、というのが自分を優しくすることならそれもOK。
こんな時だからこそ
おいしいもの食べに行く!のが楽しみならそれもOK。