インナーチャイルド

癒しに必須ともいえるインナーチャイルドについて。自身がアダルトチルドレンと思われる方にも。

役立つ心の講座
「自己肯定感」は高めなくていい、に賛成。

今日、スマホで推奨記事として、 これがあがってきました 「自分を好きになろう」という大人の善意が、悩む子供を追い詰めてしまう 「自己肯定感」は高めなくてもいい(プレジデントオンラインより) 高められないから苦労している […]

続きを読む
インナーチャイルド
こんなインナーチャイルドが出てきちゃったらどうしたらいいのでしょうか?

いろんなセラピストと話していて、みんな口を揃えて言うのが、 「インナーチャイルド(内なるこども)は癒しの基本」。 これは本当にそうだなと思います。   小さい時の自分をイメージしたときに、 どんな様子か?どんな […]

続きを読む
インナーチャイルド
小さいときの「部屋の隅でポツンと体操座り記憶」は、悲しかった・辛かった記憶ばかりではない。

毎朝、新聞を読むとき、 ダイニングのテーブル上に広げるのではなく、 テーブルの下に行き、 床に広げ、 体操座りで読むのがルーティーンです。 その姿を見て、母は、 「小さい頃と同じだなぁ」 と思っていたらしいのです。 (今 […]

続きを読む
インナーチャイルド
子供時代を癒すとなぜ今が良くなるのか?(7)~私が私にOKを出せると、周囲との関係性が変わる~

このシリーズは、今日でいったん終了です。 インナーチャイルドと仲良くなるということは、 自分の感情がわかり、感情と仲良くなるということ。 自分自身と仲良くなり、自分という存在が好きになる。 でしたよね。 しかも。 「イン […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(6)~親を許すためじゃない。あなたが幸せになるため。

親子関係が、人間関係のベースになっているのは確か。(必ずしもすべて、ではありませんが)   親がかまってくれなかった、厳しかった。 いろんな満たされない思いがあります。 親への恨みつらみもありますよね。 それで […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(5)~インナーチャイルドに寄り添い、そして育てる。

さて。インナーチャイルドに会いにいくと。 そっぽ向いていたり。 無表情だったり。 下向いて悲しそうな子がいたり。 そう簡単には反応してくれない「やっかいな子」もいたりします。 (実は私のインナーチャイルドがコレでした) […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(4)~徹底して、インナーチャイルドに寄り添う

前回からの続きです。 「インナーチャイルド」という存在を使って、あなたの感情を知りましょう、ケアしましょう、というお話でした。 なせ「子供」を使うか、というと。 「子供」って、感情むき出しの存在ですよね?普通は。 小さけ […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(3)~「インナーチャイルド」ってなに?

前回からの続きです。 小さいときの満たされない思いが残っている。 それをパートナーからもらおうとして依存的になり、パートナーシップがうまくいかなくなる。 でしたね。 ここが「今」の現実的な問題として起きているわけです。 […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(2)~子供時代を追体験してみる~

昨日からの続きです。 今を変えたかったら、過去に満たされなかった思いを満たしてあげましょう。 なぜなら、感情には、過去・現在の区別がないから、です。 例えば、 昔、大失恋をした。 その時に聴きまくった失恋の曲を聴くだけで […]

続きを読む
インナーチャイルド
「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(1)

昔、 両親との関係や生育環境について言及する記載を読んでは。 「そうだそうだ!」 と思う反面、 ここに原因を追求することに、 嫌悪感のような反発心を持ちました。 実はそれぐらい、両親との関係を癒すのが嫌だったわけですけど […]

続きを読む